【【2005年12月】カテゴリの記事一覧】

最近、よく「InDesign CS2って、CSと比べてどうですか?」と聞かれます。細かいところでかなり手が入っています。実際の制作では、この細かいところほど、ありがたかったりしますよね。リストアップしてみました。

IDCS2_l_j.jpg

Macintoshに関しては、InDesign CS2からアクティベーションが必要になったこともあり、バージョンアップを躊躇している方も少なくないようですが、バージョンアップフィーを払っても十分に元が取れると思いますよ。

なお、アドビのサイト内の[InDesign CS2主な新機能]というページでは、各新機能をFlashムービーで確認することができます。

ことえりの[関連文字に変換]機能を利用すると、異体字をスピーディに入力することができる。

使い方は次の通り。

  1. 文字を入力する。たとえば「吉田」
  2. 変換したい文字を選択
  3. 文字メニューの[関連文字に変換]を選択する

control+2というキーボードショートカットを利用するとさらにスピーディになる。 なお、対応するアプリケーションは、InDesign、Illustrator、テキストエディットなど。

ムービーも用意しました。

「イラレでべんり」というサイトで、Illustrator 10/CS向けの便利なJavaScriptが配布されています。

「選択したアンカーポイントだけを整列させる」、「クリッピングマスクが適用されたグループに、ほかのオブジェクトを入れる」「いくつかの要素をランダムに並べて、タイル状の模様をつくる」「バラバラのテキストを、縦か横の並び順どおりに改行でつなぎ、ひとつのテキストにまとめる」など、できそうでできない、面倒な作業を簡単にできるスクリプト集。

使えます。しかも、フリー。

Tigerには対応。Adobe CS2には対応準備中とのことです。

http://www.extensis.co.jp/support/oscompatible.html

『魅せるデザイン、語るレイアウト。--プロの実例から学ぶエディトリアルデザインの基礎』

豊富な見本と、セオリーの解説。この手の本が増えていますが、とても充実しており、群を抜いています。これもあれもアレフゼロさんの作品だったのですね。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る