【【2007年2月】カテゴリの記事一覧】

NAPP主催のPhotoshop CS3徹底解析イベントの第二弾『Photoshop CS3 徹底遊戯 ムービー編』が開催されます。

皆様が待ちこがれているPhotoshop CS3のリリースに先立ち、そのパブリックベータ版(英語版)を徹底的に解説。今回はさらに、iMovieとの連携やiPodおよび携帯電話へのムービー書き出しなど、動画関連の新機能を中心にご紹介。Photoshop CS3について誰よ りも早く、しかも楽しく学べるイベントです。どなたでもご自由に参加していただけます!ぜひご参加ください。

詳細および事前登録は、NAPPのサイトから。

よくいただくご質問、Illustratorでインライン入力をオフにすることはできますか?についてお答えします。

Illustrator CS以降(CSとCS2)ではインライン入力をオフにすることはできません。株式会社地理情報開発さんが作成されたプラグイン「エディットボックス」を利用すると、おおよその目的を果たせます。また、埋め込み画像を外部ファイル保存して、リンクし直すプラグイン「Replace Raster」も重宝するプラグインです(対応はCS4まで)。

m-schoolのサイトにて、インストラクターが語る「Adobe Acrobat 8」とは?というコンテンツが公開されています。

最新バージョンのAcrobatについて、平易な文章でわかりやすく解説されています。

フォントワークスから「フォントワークスフォントの今後の方向性」という案内が出されました。

今回のWindows Vista搭載フォントの規格変更による問題は、Windows間でもOSの違いにより【字形】が自動的に置き換わってしまうことです。これは単に、《JIS2004対応》のフォントをリリースするだけでは、この問題は解消されません。最近の「Adobe InDesign CS/CS2」と「OpenTypeフォント」による制作が主流となりつつある現在、フォントワークスではこのDTPワークフローに適した環境でのソリューションを提案することで、早期に【字形】変更の問題を解決できると考えます。そのソリューションとして『舞字形』を提案します。

  1. テキストデータ入稿前に確実に字形についての確認をとる
  2. InDesignでの組み版作業後に『舞字形』にて《JIS2004対応》字形への一括変換を行う

1月30日にリリースされたWindows Vistaでは、「JIS X 0213:2004」という新しい文字セットが搭載されます。

これにより、約900文字の漢字、約 200文字の非漢字(英語の発音記号や記号、アイヌ文字など)が新たに表示可能になります。 ここまではいいのですが、既存の漢字のうち122文字の字形が変更になってしまうそうです。

どうなっちゃうんでしょうね。

  • 1

2005年11月にスタートしたDTP Transitは満12歳になりました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る