【【2009年4月】カテゴリの記事一覧】

ビットマップ画像をベクター化してEPSファイルに変換できるPotraceというユーティリティがあります。

Illustratorのライブトレースと同等のものですが、ご紹介まで。

ビットマップ画像をベクター化してEPSファイルに変換できる『Cocoapotrace』 | Macの手書き説明書でも紹介されています。

バンフーDTPセミナー

2009年5月19日火、全水道会館(文京区)にてバンフーDTPセミナー:第73回 『使い倒そう!CS以降のIllustrator PART.1 グラフィック編』が開催されます。 DTP Transitの著者の一人である鷹野雅弘(スイッチ)が出演します。

最新バージョンのIllustrator CS4は、バージョン10から数えても5世代目、バージョン8.0からは年数にして10年の開きがあります。当然ながら、たくさんの機能強化されているため、古いバージョンの使い方をしてしまっている方も少なくないようです。
日々の作業の中で使いこなすべき、最近のIllustratorでのデータメーキングの流儀、過去のIllustratorとの相違点など、現場視点での使いこなしについて解説します。

昨日からお申し込みがスタートしてます。参加費は無料ですが、事前登録が必要です。 PART 2は、6月24日に開催予定。

名もないテクノ手にて、画像に対してキャプションを任意のアキでスナップさせる「snap_caption 0.9」というJavaScriptが公開されています。

たとえば、Web制作でカンプなどを制作する場合、ブラウザウインドウが必要になったりしますが、Windows環境でキャプチャした画像をIllustratorに配置する際、縮小されてしまうようです。

キャプチャした画像をPhotoshopを開き、[イメージ]メニューの[画像解像度]をクリックして、[画像解像度]ダイアログボックスを開きます。

psd-pixels.png

[画像の再サンプル]をはずして、[解像度]を「96」から「72」(ppi)に変更して、保存。その後でIllustratorに配置すれば、正確なピクセル寸法で配置され、縮小されることはありません。

DTP Booster, Vol.1

5月15日、デジタルハリウッド大阪校 セミナールームにて、DTP Booster, Vol.1が開催されます。 デジタルクリエイターズを主体とするDTP Booster実行委員会による主催。このDTP Transitも、加わっています。

初回は次の2本で構成。

  • 「Illustrator CS4にキャッチアップ」 鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)
  • 「PDF入稿の7つのメリット」 笹川 純一(株式会社吉田印刷所、DTPサポート情報blog)

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る