【【2011年3月】カテゴリの記事一覧】

やることが尽きてきたのでUIを変えてみました、って感じのAcrobat Xですが、不便なのがズームツール(正確にはマーキーズームツール)がデフォルトで無くなってしまったことです。

AcrobatX-zoom-2-s.jpg

IllustratorやPhotoshopと同様、command+スペースでズームツールに変化しなければなりませんが、マウスポインタの座標を移動しないとズームツールに変化しないというバグもあります(Mac版で確認)。

気を取り直して、ツールバーにマーキーズームツールを表示してみましょう。

Photoshopでレイヤーの不透明度を変更したいとき、次のように数字キーを使って行うことができます(commandキーなどは併用せず、数字キーのみ)。

Illustratorでもできないかな〜と思っていたところ、キーボードショートカットの[ツール]の中に、不透明度を設定できるところを見つけました。

Ai-Transparancy-s.jpg

対応できるのは、10%単位のみですが、不透明度を変更することが多い方は重宝されるでしょう。

Fireworksでは整列コマンドのそろぞれにキーボードショートカットがアサインされていて、ムチャクチャ重宝します。

Fw-Align-KeyboardShortcut.jpg

Illustratorでは、キーボードショートカットのカスタマイズでもできないし...とあきらめていたのですが、ふとアクションで対応できることに気づきました。

Illustratorでグラフィックスタイルのスウォッチ(アイコン)をクリックすると、塗り、線、効果、不透明度の情報がガラリと変更されます。

optionキーを押しながらクリックすると、クリックしたグラフィックスタイルの属性が追加で付加されていきます。

graphic-style-merge2.jpg

文字にアピアランスを設定する前には、塗りと線をなしにしておくことをオススメしています。たとえば「塗り」が生きている場合、次のようなトラブルにつながる可能性があります。

アピアランスを設定する前に、キンアカ(M100Y100)の[塗り]を設定。

app-ng-1.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る