テキストのペースト時に改行を削除する(ClipMenu編)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年2月27日、更新日:2015年1月 9日

PDFをAcrobatで開いて、テキストを次のようにコピーするとき、

ClipMenu-CollapseReturn-12.jpg

見た目の改行ごとに、改行コードが発生してしまいます(commandキー押しながらドラッグしてエリア選択するときには改行は発生しない)。

ClipMenu-CollapseReturn-4-s.jpg

ペースト時にこの改行を削除する方法を考えました。今回は、ClipMenu編。

ClipMenu+オリジナルアクション(準備編)

本文に、次のように記述したテキストファイルを作成し、「CollapseReturn.js」という名称で保存します(または、ここからダウンロードしてください。

return clipText.replace(/(\r\n|\n\r|\n|\r)/g, '');

「~/ライブラリ/Aplication Support/ClipMenu」を開き、ここに「script」フォルダー、「action」フォルダーを作成します(「ライブラリ」フォルダーに移動するには、Finderでoptionキーを押しながら[移動]メニューをクリックします)。

ここに「CollapseReturn.js」を移動します。

ClipMenu-CollapseReturn-1-s.jpg

ClipMenuを再起動し、環境設定を開きます。[アクション]パネルの[User's]タブに切り替えると、そこに「CollapseReturn」が見えます。

[履歴メニュー項目上での、修飾キー+クリックの動作]で、[Option+クリック]のポップアップメニューから「CollapseReturn」を選択します。

ClipMenu-CollapseReturn-2-s.jpg

ClipMenu+オリジナルアクション(実行編)

ClipMenuを呼び出し、[履歴]のリストからペーストしたい文字列をoption+クリック(またはoption+return)します。

ClipMenu-CollapseReturn-7.jpg

ご参考

下記を参考にしました。

追記:

Jeditなら[ツール]メニューの[改行/プリフィクスの削除](command+-)でOKなんだけど、この作業が続く場合には面倒。

ClipMenu-CollapseReturn-jedit.jpg

追記(2):

いろいろ探していたら、Plain Clip、ClipMorpherといったユーティリティがありました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る