DTP Transitで公開しているAcrobat、PDF関連のエントリーのまとめ(2017年)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年4月 1日、更新日:2017年4月 2日

DTP Transitで公開しているAcrobat、PDF関連のエントリーをまとめてみました。

IllustratorからのPDF変換

その他のPDF変換

軽量化する

テキストなどの再利用

プレゼンモードで利用する

いろいろなプレゼンモード(Acrobat、プレビュー.app)

カスタマイズ

ファンキー仕様

素性を知る

その他

校正フローで利用する

Acrobatで注釈(校正指示)を書き込むことで、校正のワークフローに組み込むことができます。

[A]PDFをそのまま返送する方法、[B]PDFからFDF(XFDF)を書き出して返送する方法があります。

AB
PDFFDF/XFDF
手間校正者は、注釈を書き込んだPDFを送ればOK校正者が書き出しを行う手間が生じる
送信ファイルPDFによっては重いFDF/XFDFともに非常に軽い
受取校正者の人数分、校正指示者の元にはPDFのファイル数が増える(読み込みの手間が生じるが)1つのPDFにまとめることができる

実際のところ、次のような理由からあまりイケていません。

  • 修正指示を反映する場合、InDesignなどとAcrobatを切り換える手間が煩雑(デュアルスクリーンで、それぞれに映すにしても目線の移動が増える)
  • 得てしてAcrobatが重い
  • 注釈まわりの挙動がおかしいことがある(反映済みのフィルターなど)

私の現場では、次のワークフローを使うことが多いです。こちらの場合、PDFをプレビュー.appなどで表示すればよいのでサクサク作業できます。

  • プリントアウトして校正指示をペンで書き込み、それをスキャンして送る
  • 差し替えのテキストは、テキストファイルで別途、添付する

Wordでの校正ワークフロー

Wordに限り、「Word→PDF→Word」が可能です。これ、InDesignで実現したいんですけど…

Microsoft Word 文書から作成された PDF をレビューするようなこともあります。これらの注釈を PDF から書き出すと、元の Word 文書を修正することができます。例えば、PDF でテキスト注釈ツールを使用して挿入したり、取り消し線で消したり、置換したりしたテキストは、元の Word 文書で直接削除および転送できます。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月に増刷(現在「五刷」)。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年に予定してします。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る