Adobe CSは、そろそろサブスクリプションに移行すればいいのに

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年12月10日、更新日:2012年5月14日

かつての「QuarkXPress VS InDesign」や「GoLive VS Dreamweaver」などの図式は、マクロメディアの買収やQuarkXPressの自滅によって、ほぼなくなってしまった。マイクロソフトのExpression StudioやPhotoshopクローン的な対抗アプリこそがあるが、やはりIllustrator、InDesignは独壇場。たとえば、Illustratorは最大の敵が「Illustrator 10」というねじれ現象が起きていたり、InDesignはバージョン間の互換性が絶望的という現状がある。

CS-update.gif

これを回避するには、サブスクリプション(定額制)への移行が必須だと考える。つまり、毎月定額の支払いによって、常に最新版を使えるというもの。ユーザーの利便性を大きく損ねるバージョン互換問題、また、継続的なバグフィックスによって、より安定した製品を使えるというメリットを享受できるはずだ。

現状

  • バージョンアップは交互に1.5年/2.0年の周期だったが、CS3→CS4→CS5は1.5年の周期に
  • たとえば、Design PremiumのアップグレードはUSでは599ドルなのに、日本では98,700円。ローカライズの手間暇こそあれど、このレートは....
  • 高機能なものが無料で使える時代に、20万円を超えるスイート製品という金額は割高に感じてしまう
  • スイート製品でというわりに、また、5世代目にもかかわらず、アプリケーションごとにUIが異なる部分がまだまだ多々ある

ユーザーの現状

  • 多くのユーザーはバージョンアップには興味がない(言い過ぎだとしても、熱狂的ではない)
  • ひとつ飛ばしアップグレードが定番に(CS4を飛ばしてCS3からCS5に、など)
  • PCがムチャクチャ低価格化していながらも、台数が多い現場ではなかなか簡単にはリプレースできない
  • バージョンアップによって生じる環境(再)構築、ワークフロー検証というコストも無視できない

ユーザーの気持ち

  • バージョンが変わったことを知らしめるために、イタズラにUIを変更しないで!
  • デモ映えする派手な機能よりも、ちょっとした修正の方が、日々の仕事にはダイレクトによい影響がありがち
  • そのバージョンのバグフィックスは早々に打ち切られ、修正は次のバージョンに... でも、"デモ映え"しないような機能は、さらに先送りされる... 全員がバージョンアップするわけではないんです。自分が使っているバージョンに手を入れて欲しい
  • バージョンアップのサイクルが短すぎ:1.5年は「やっと手に馴染んだ」と思えるタイミングなんです..
  • Suiteで購入しても、まったく使わないアプリがあるんだよね...

いただいたツイートを下記にまとめました。

ご参考

実際にアプリケーションクラッシュでデータを失ったり、重大なバグで信頼を損なったりしている人が多数いらっしゃるんである。声を上げないだけで、苦しんでいる人がいっぱいいるんだよ。

追記

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る