オブジェクトの[ロック]と[隠す]のキーボードショートカット

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2011年12月30日、更新日:2014年3月 6日

かなりヘビーに使う[ロック]、[隠す]コマンドですが、改めてまとめてみると、その整合性は悲しい。

 IllustratorInDesignFireworks
ロックcommand+2command+Lcommand+option+L
(変更→選択範囲をロック)
ロック解除command+option+2command+option+Lなし
(レイヤーパネルメニューから[すべてをロック解除])
隠すcommand+3

command+3
(テンキーは使えない)

command+L
(表示→選択したオブジェクトを隠す)
すべて表示command+option+3command+option+3
(テンキーは使えない)
command+shift+L
(表示→すべてを表示)

Illustratorのcommand+option+2の2キーはテンキーのみで動作します。MacBook Airなどのラップトップの場合、使用することができませんので、Illustratorが譲歩し、次のように統一するのがよさそうです。

ロックcommand+L
ロック解除command+option+L
隠すcommand+3
すべて表示command+option+3

なお、Fireworksには、すべてのロック解除のコマンドがメニューにはないため、レイヤーパネルメニューの[すべてをロック解除]を実行後、[ヒストリー]パネルでコマンド化し、これにキーボードショートカットを当てることで解決する。

なお、グループ/グループ解除は、いずれのアプリケーションも共通しています(command+G/command+shift+G)。細かいことをいうと、これだけoptionでなくshiftというのも統一した方がよさそうだけど、command+option+Gだと左手だけで実行できないので、ママイキかな。

追記(2012年2月12日):

InDesignの[隠す]は、CS5以降の機能です。

ご参考:

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る