トレース作業を行うワークフロー

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年3月 3日、更新日:2012年3月19日

ビットマップデータをIllustrator上でベクトルデータに変換する作業を「トレース」と呼びます。Illustratorにはオートトレースツールやライブトレース機能などがありますが、少し精密なロゴはペンツールや各種の図形ツールを使ってトレース作業することが一般的(であると考えます)です。

ワークフロー(作業の流れ)

  1. 下絵(ビットマップ)を読み込む(後述)
  2. 配置したビットマップデータを含むレイヤーを「テンプレート」レイヤーに変更する(これによって、ビットマップはロックされ、薄く表示されます)
  3. 新規レイヤーを作成し、そのレイヤーをアウトラインモードに変更します(このレイヤーに描くオブジェクトの塗り/線が表示されなくなります)。レイヤーパネルで目のアイコンをcommand+クリックすると、そのレイヤーのみアウトラインモードになります。
  4. トレース作業を行います。この再、アンカーポイントが見やすくなるようにレイヤーオプションのカラーを、下絵に応じて変更しておくとよいでしょう。
  5. パスにカラーリングや線の太さの設定を行うなど、仕上げを行います。

ビットマップデータの配置方法

Illustratorに下絵となるビットマップデータを読む込むには次の方法があります。

  • ビットマップファイルをIllustratorアイコンにドラッグ&ドロップする(ビットマップファイルが配置された状態の新規ドキュメントが作成されます)
  • Photoshopで配置したい領域をコピーし、Illustratorに切り替えてからペーストする
  • Illustratorのドキュメントを開き(または新規に作成し)[配置]コマンドでビットマップファイルを配置する

トレースで使うツール

  • ペンツール
  • 長方形ツール、楕円ツール
  • パスファインダー
  • リフレクトツール
  • ルーラーガイド
  • パスのアウトライン
  • ロック

当然ながら、拡大縮小、スクロールを併用しながら作業します。

トレースのポイント

  • すべてペンツールで行う必要はない:いかにペンツールを使わないかがポイントといえる
  • 左右対称の図形は半分だけ描いて、リフレクトツールを使う
  • 多くの図形は、四角形と楕円にブレイクダウンできる、図形の組み合わせ(パスファインダー)で解決できないかを考えよう
  • 見た目よりも図形の性質の方が正しい(下絵の状況によっては紙の伸び縮みやFAX送受信のゆがみなど生じていることがある)
  • ガイドを最大限活用しよう
  • 文字など、平行に入る曲線をペンツールでトレースするのは至難の業→中心にパスを描いて線の太さで太らせてパスのアウトラインで図形化する:フィッシュボーンメソッド

追記(2012年3月19日):

Illustratorには、「テンプレート」レイヤーと、ドキュメントのテンプレート、と2つのテンプレートがあります。使う場面が異なりますが、ややこしいですね...

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

2005年11月にスタートしたDTP Transitは満12歳になりました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る