効果を使ったIllustrator CS6書類をダウングレード保存すると、ビットマップ化してしまう問題

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年12月 7日、更新日:2014年10月31日

先日のDTP Festa in Tokyo 2012 Decemberセミナー終了後に個別にいただいた質問で次のようなものがありました。

効果を使ったIllustrator CS6書類をダウングレード保存すると、ビットマップ化してしまうんです。

いやいや、そうだっけ?と思って検証してみたんですが、確かに...

検証データ

長方形ツールで四角形を描き、それぞれに[ドロップシャドウ]効果、[ぼかし(ガウス)]を設定しました。

downgrade-test-8.jpg

これをCS5以下にダウングレード保存すると、それぞれのオブジェクトがビットマップになってしまいます。

downgrade-test-5.jpg

あれ〜?そうだっけかな?と思って検証したところ、次のような結果でした。

作成
CS4CS5CS6
保存CS3
CS4-
CS5--
CS6---

一言でいうと、CS6からのダウングレード保存はNG、CS5/CS4からのダウングレード保存はOKということになります。

Illustrator CS3にダウングレードした状態

回避策?

次の方法でもNGでした。

  • 保存時の[Illustratorオプション]ダイアログボックスで[PDF互換ファイルを作成]のチェックをはずす
  • Illustrator CS6とIllustrator CS5を同時に開いておいて、Illustrator CS6でコピーしたオブジェクトを、Illustrator CS5でペースト
  • PDF(Illustratorの編集機能を保持)で保存して、Illustrator CS5で開く

回避策として、考えられるのは、「効果を一度切って保存し、下位バージョンで効果を付け直す」くらいかな。

もし、何かお知恵をお持ちの方がいれば教えてください!

検証用のファイルをおいておきます(nがついたのは、そのバージョンで作ったファイルで、それ以外は、下位バージョンから上位保存で作業しました)。

追記:

hamkoさんからツイートいただきました。

互換ガイドとは「Illustrator CS6互換ガイド」のことですね。

テキスト互換とありますが、最終ページに、テキスト以外の機能の互換性について詳細の表が掲載されています。

gokan-list.jpg

このPDF、むっちゃ有益なので、ぜひダウンロードしてみてください。

cs6_guide_bn03.jpg

追記(2012年12月10日):

Facebookにてコメントいただきました。

アドビのヘルプにて互換性がないことが明記されているようです。

Adobe Illustrator CS6 の「ドロップシャドウ」、「光彩(外側)」、「ぼかし(ガウス)」の各効果において仕様変更が行われています。そのため、Illustrator CS6 で作成したアートワークを CS5 以前の形式で保存すると、これらの効果は分割・統合されます。

回避策として、「SVG フィルターのぼかしやドロップシャドウ」を使うとされています。

旧バージョンの Illustrator で開く必要がある場合は、SVG フィルターのぼかしやドロップシャドウで代用してください。

五十嵐さん、ありがとうございます。

追記(2012年12月10日):

ツイートをまとめていただきました。

これにさらにまとめました。

追記(2013年10月10日):

2013年6月に開催されたdot-ai, Vol.1「超絶アピアランス祭り」の樋口 泰行さんと大倉 壽子さんの「最近のIllustrator新機能の使いどころ」セッションにて、互換性を保ったまま、Illustrator CS6/CCでドロップシャドウをかける裏技が紹介されていました。何かの機会にご紹介します。

追記(2014年10月31日):

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)の179ページ「CS5以下にバージョンダウンできるドロップシャドウ」にて紹介しています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る