Illustratorのアピアランスで吹き出しを作る

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年4月 5日、更新日:2016年4月 2日

balloon-1-s.jpg

毎夜毎夜、というわけでないですが、ここ数ヶ月、Illustratorのアピアランスについて、Twitterを中心にやりとりが繰り広げられていて、「あ、これって、ここで使うんだ!」という"使いどころ"の追求が行われています。

なお、上記で出てくる方は、dot-ai, Vol.1(2013年6月29日開催)に多く出演されますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

Illustratorのアピアランスで吹き出しを作る

この中でも「あ、なるほど!」と思ったが、吹き出しの"しっぽ"の作成に[パスの自由変更]を使うこと。これを[変形]で移動して、回転させます。

balloon-2.jpg

分解すると、こうなっています。

speech-9.png

Illustratorデータ(CS6)のダウンロード

DTP Transit内の[形状に変換]効果に関するエントリー

追記(2016年4月2日):

線を付けたい場合には、一度、グループ化してから、線アピアランスを追加します。 その際、「内容」が線アピアランスよりも上になるように設定します。

しっぽの部分をカールさせるには、[ワープ(膨脹)]効果などを適用します。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)の第1章にて紹介しています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る