Illustrator CC 2014のUIについて、ちょっとツッコミしてもいいですか?

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年7月14日、更新日:2014年7月25日

従来のUIの「約束事」

  • 「項目名(またはアイコン)」+「値フィールド」の形式で表示される
  • 項目名(またはアイコン)をクリックすると、対応する値フィールドがハイライトする

最近の例外

  • 「項目名」(アイコンでなくてテキスト)に下線がついている場合、クリックすると対応するパネルが開く

ライブシェイプでの「例外」

  • 「値フィールド」+「項目アイコン」の形式になっている(逆)
  • 項目名(またはアイコン)をクリックしても、何も起こらない

コントロールパネルから開く[変形]パネルのライブシェイプの右上、右下のUIパーツが描けている…

フォント検索

Illustrator CC 2014の[フォント検索]ダイアログボックスがツッコミどころ満載です。

  • [変更]についているクローバーのアイコンは??(出ないこともあり。再現性不明)
  • 「ヒント:」がつっくきすぎ
  • Ctrlキーでなく、controlキー

ちなみに、CC版では次のようになっています。

[OpenType]などの対象フォントのリストは、ポップアップメニューでなく、Illustrator CCまでのように一覧できる方が開く手間が省けるように思います。

追記(2014年7月25日):

新川さんから情報いただきました。

クリアにしたかったので、アドビに聞いたら、シンボル登録したものは、フォント検索で、変更ボタンにクローバーマークがつくこと。
但し、続けて等新しく文字をうったりして(シンボルに登録してない)でも、フォント検索で、クローバーマークがつくのは、バックグラウンドで、テキスト情報のプリセットが、残っている場合があるので、クローバーマーク出たり出なかったりするということです。

バグじゃなくて、仕様か... なんでクローバーなんだろうな〜と思ってたんですが、ふと、[シンボル]パネルをアイコンパネルにするときに出てくるのがクローバーなんですね。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る