クリッピングマスク、レイヤーのクリッピングマスク、不透明マスクに加え、Illustratorのもうひとつのマスク

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2015年5月29日、更新日:2015年5月29日

もうひとつのマスク

クリッピングマスク、レイヤーのクリッピングマスクは、風邪を引いたときに着けるマスクと異なり、隠したいところでなく、見せたい領域にオブジェクトを作成します。

ここだけを消したい、というときには、不透明マスクに「反転」を組み合わせます。

手順は下記の通り。

  1. テキストとパスを選択する
  2. [透明]パネルで[マスク作成]ボタンをクリック(CS5までは[透明]パネルのパネルメニューから[不透明マスクを作成]をクリック)
  3. この時点では[クリップ]のみにチェックされていて、前面のオブジェクトのみが表示される

  4. [マスクを反転]にチェックを付け、[クリップ]のチェックをオフにして完成

この作例だと、文字が隠れて過ぎてしまって、逆に読めなくなってしまうのはよろしくないですね…(自分ツッコミ)

まとめ

不透明マスク(反転)を一時的にオフにするには、Photoshopのレイヤーマスクと同様に、[透明]パネルの右側のサムネール(マスク)をshift+クリックします。

エッジの
ボケ足
対象表示される領域一時的にオフ
クリッピングマスクオブジェクト最前面のオブジェクト-
レイヤーの
クリッピングマスク
レイヤーマスクに設定するレイヤークリッピングマスクレイヤーを非表示に
不透明マスクオブジェクト白い部分(黒になるにつれ、非表示に)マスクのサムネールをshift+クリック
不透明マスク+反転オブジェクト最前面のオブジェクト以外マスクのサムネールをshift+クリック

追記(2015年5月29日):

「マスクを反転」がキモ、みたいな書き方をしてしまいましたが、そもそも、前面のオブジェクトを黒にしておけば、

「マスクを反転」は不要です。パネル上のサムネールも、どんな図形があるか確認しやすいし。

また、前面の黒いオブジェクトに「ぼかし」効果などをかければ、ボケ足をつけることも可能です。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る