IllustratorユーザーがKeyboard Maestroを使うべき理由(macOS)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年10月31日、更新日:2017年11月 6日

ここ数年で、Macを使う上でなくてはならないものに加わったものに、Keyboard Maestroがあります。

Keyboard Maestroは、QuicKeysと並び、古くからある自動化ユーティリティ。macOSでは標準でAutomator.appもありますが、macOSでIllustratorを使っているなら、Keyboard Maestroがオススメですという紹介です。

きっかけは三階ラボ

2014年くらいに、三階ラボの長藤さん、宮澤さんにお会いする機会があったのですが、「あ、それ、スクリプトでできるよ!」、「それだったら、Keyboard Maestroでできるよ!」と、日々、困り果てていた問題の多くを普通に解決されていてぶっ飛びました。

そこからKeyboard Maestroの旅がはじまります。

Keyboard Maestroで何ができるの?

次のような操作にキーボードショートカットを割り当てることができます。

  • アプリケーションの起動(単体、一括)
  • ファイルやフォルダーを開く
  • 文字入力(日本語入力モードのとき、option+,で「,」を入力するなど)
  • ダブルクリック、トリプルクリック、右クリック
  • キーボードショートカットをカスタマイズできないアプリケーション(AcrobatやKeynote)のメニューコマンドの実行
  • キーボードショートカットは変更できるけれど、セットとして保存できないアプリケーションでキーボードショートカットを上書き

文字入力の際、次のような操作を1ストロークで可能です。

  • 「」と入力し、「の後にカーソルを移動(さらに入力後、確定したら、」の後にカーソルを移動)
  • 文字列を選択し、「文字列」のように囲み、」の後にカーソルを移動

また、過去にはKarabinerを使って行っていたEmacsキーバインド関連もKeyboard Maestroで完結しています。

Keyboard MaestroをIllustratorと併用すると何が嬉しいの?

ここから本題。

Illustratorユーザーこと、Keyboard Maestroの恩恵が受けられると考えているのですが、これについて解説します。

Illustratorのキーボードショートカットの限界

Illustratorのキーボードショートカットには、次のような制約があります。

  • アクションを実行するキーボードショートカットには、commandキー、shiftキー、および、F1-F15しか使うことができない
  • メニューコマンドには、command+、command+shift+、command+option+、command+option+shift+と、{0-9}、{A-Z}、{F1-F12}の組み合わせしか利用できない

デフォルトの状態でほぼ埋まっており、アキを探すのに時間がかかります。Keyboard Maestro経由で実行すれば、commandキーを使わないコンビネーションが可能になります。

  • option + {0-9}、{A-Z}、{F1-F12}
  • control + {0-9}、{A-Z}、{F1-F12}
  • control + shift + {0-9}、{A-Z}、{F1-F12}
  • control + option +{0-9}、{A-Z}、{F1-F12}

さらに広がる可能性(1)

単純にスクリプトを実行するのはもちろんですが、さらに、次のような操作が可能になります。

  • 複数のスクリプトを連続実行する
  • スクリプトの前後に、Illustratorのメニューコマンドを指定する
    • スクリプト実行の前に、テキスト編集モードから選択ツールに切り換える
    • スクリプト実行後、グループ化を解除する
  • フルキーボードをアクセスをオンにして、tabキーでフォーカスを移動する
  • 数値入力
  • スクリーションショットの指定領域をクリック

スクリプトのみを実行するのであれば、SPAiが重宝しますが、Keyboard Maestroなら+αが可能です。

ご参考:

さらに広がる可能性(2)

1行スクリプトを用意することで、IllustratorのアクションをKeyboard Maestroから実行することもひねりワザも可能です。

アクションの実行は、Keyboard Maestro上でAppleScriptを使って実行することも可能。

ここまでの図解

Keyboard Maestroではできないこと(たぶん)

  • ドラッグ&ドロップ

まとめ

Illustratorでガッツリ作業すると、右手に疲労が残ります。「このままいったら、絶対、腱鞘炎になるな…」という心配から、ここ数年『いかにマウス操作なしで制作を行えるか』をテーマにしています。

現在、Keyboard Maestroのマクロは525個。そのうち、Illustrator関連は、213。結構、いい感じに仕上がってきました。

スクリプトやアクション、CCライブラリを使って次のような作業をキーボードショートカットだけで完結できるようになっています。

  • フォント指定を行う
  • 自動カーニング(自動、オプティカル、0)を切り換える
  • グラフィックスタイルを指定する
  • 改行や連結のコントロール

Keyboard Maestroを新規に購入すると36ドル。40% OFFになるクーポンが配布されていますので、利用しない手はないです。

関連リンク

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

2005年11月にスタートしたDTP Transitは満12歳になりました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る