Illustratorに関する要望 2018

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2018年1月18日、更新日:2018年1月18日
 

2018年版として、Illustratorに関する要望などをまとめました。

整列

  • キーボードショートカットを設定できるように
  • 「選択範囲に整列」、「アートボードに整列」の切り換えが煩雑。せめてラジオボタンに

[フォント検索]ダイアログボックス

[書式]メニューの[フォント検索]をクリックすると表示される[フォント検索]ダイアログボックス、現場では非常によく使うダイアログボックスです。

特に、外部から来るデータを開く際には、必ずといっていいほど、このダイアログボックスにお世話になります。

少しずつ改良されていますが、逆に改悪されてしまっている部分もありますので、要望を列記します。

復活希望

  • フォントのカウント数
  • 対象フォント(OpenType、Romanなどのフォントの種類)

要望

  • [ドキュメントのフォント]、[ドキュメントフォント]の一覧を縦方向に広げられるように
  • よく使う置換のセットを記録できるように(Mac、Windowsでのやりとりで必要)

ローカライズ

  • [変更]ボタンは[置換]に戻すのが望ましい(すぐ下の[すべてを置換]ボタンに合わせるべきですし、また、ダイアログボックス内には「置換するフォント」とあります)
  • 「Ctrlキーを押しながら」は、「Controlキーを押しながら」が正しい(Illustrator CCまでは「Controlキー」)

UI

  • [ヒント]という文言が「プレビューを表示するには〜」に近すぎる
  • 「ドキュメント、最近使用したファイル、システム」のポップアップは、すべてが見える状態でラジオボタンがよい

アートボード関連

  • アートボードの数が1000になったのに、アートボードサイズの最大は16383 px平方のまま。大きくして欲しい
  • どのアートボードを作業しているかがわかりにくい(ビデオ定規を表示すると、かろうじてわかる)

  • アートボード名の表示(Photoshopのようにアートボード名を表示させたい

  • オブジェクトを選択した状態で[オブジェクト]メニューの[アートボード]→[アートボードに変換]を実行すると、そのオブジェクトは消える。[アートボードに変換]コマンドにキーボードショートカットを設定すると、オブジェクトは残る。

アセット書き出し

  • [選択したアートワークをこのパネルに追加]ボタンのキーボードショートカットがない(必須)
  • クリッピングマスクを適用しているとき、アセットの領域が正しく認識されない問題
  • [アセット書き出し]パネルにて、ファイル名が見切れてしまう

  • [アセット書き出し]パネルにて複数ファイルの一括リネーム機能が欲しい

[キーボードショートカット]ダイアログボックス

せっかく検索ボックスがあるのに、デフォルトがツールになっている。

  • デフォルトは「メニューコマンド」であるべき
  • 検索は、ツール、メニューコマンドを横断した行いたい
  • ポップアップでなく、タブがよい

記憶力

  • [プレビュー]オプションのチェックの有無を記憶して欲しい
  • できれば、デフォルトはすべてオンに(環境設定で選べるとナイス)

単純なバグ

  • [シンボル]パネルがリスト表示で、かつ、空のときに、オブジェクトをドラッグ&ドロップして、シンボルに追加できない

ライブカラー関連

  • [オブジェクトを再配色]ダイアログボックス内の[スポイトツール]ボタンは、リセットする機能であり、スポイトツールの挙動ではないのでアイコンを変更すべき
  • グローバルカラーに対してライブカラーを実行すると、グローバルスウォッチへのリンクがすえて切れてしまう。グローバルスウォッチを上書きするのが好ましい挙動。

リンク解除

  • [グラフィックスタイル]パネル、[シンボル]パネルでは、「リンクを切る」というアクションを表現

  • [オブジェクトを再配色]ダイアログボックスでは「リンクが切れている」という状態を表現

ご参考:

アイコン類

ペンツールのアイコン。[ツール]パネルでは左下を向いているのに、ツールは左上を向いている。

また、同じ会社の製品群とは思えないほど、統一感がない。

XYWH

  • IllustratorとInDesignは同じ。PhotoshopとXDと別だが統一すべき
  • WとHの連携のアイコンも形状が統一されていない

ローカライズ関連

こちらにまとめました。

備考

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る