Illustrator CS2とInDesign CS2の自動カーニング機能

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2006年8月 6日、更新日:2011年4月 7日

IllustratorではCS以降、文字のエンジンが刷新され、一見、InDesignと同じだ。しかし、内部では異なると聞かれるし、実際、メニューなどの文言でも統一されていないことがある。

たとえば、InDesign CS2では、カーニングに「メトリクス」「和文等幅」「オプティカル」があるが、Illustrator CS2では「自動」「オプティカル」のみだ。 InDesign CS2の「メトリクス」は、Illustrator CS2では「自動」にあたる。

画像:Illustrator CS2/InDesign CS2:文字バレットの比較

メトリクス(InDesign)/自動(Illustrator)

フォントが持っているカーニング情報を使って、自動カーニングを行う。「小塚ゴシック」、「ヒラギノ」、「MORISAWAA-OTF新ゴ」などではキレイに詰まるが、CIDなどのフォントでは対応していない。また、筑紫明朝(フォントワークス)では詰まりすぎてしまったりする。 ヘルプでは次のように記述されている。

ほとんどのフォントに含まれるペアカーニング情報が使用されます。 ペアカーニング情報には、特定の文字の組み合わせに対する間隔情報が定義されています。 この文字の組み合わせには、LA、P、To、Tr、Ta、Tu、Te、Ty、Wa、WA、We、Wo、Ya、Yo などがあります。

オプティカル

InDesign CS/Illustrator CS2が勝手に文字を詰める。どんなフォントでも対応可能。 ヘルプでは次のように記述されている。

オプティカルカーニングでは、文字の形状に基づいて、隣接する文字の間隔が調整されます。

なお、オプティカル(optical)は「目の、視覚の、光学上の」などの意味があり、メトリクス(metrics)には「韻律学、作詞法、(単数形で)メートル法の」のほか、font metricsで「フォントの寸法情報」という意味があります。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る