トリムマークとトリムエリアとアートボード

この記事は伊藤吉樹によって執筆されました。
公開日:2008年9月25日、更新日:2011年1月 2日

アートワークの一部をトリミングする際に、トリムマークでマーキングすることで、出力後に裁断する方法と、トリムエリアで出力するエリアを限定する方法とあります。

trim.jpg

トリムエリアは

  • Illustrator CS以前 [オブジェクト]→[トンボ]→[作成]
  • Illustrator CS2 [オブジェクト]→[トリムエリア]→[作成]
  • Illustrator CS2 [オブジェクト]→[トリムエリア]→[作成] + トリムエリアツール追加

と、近年のバージョンにおいて、頻繁に仕様が変わっています。

トリムエリアツールとして、ツールを作る必要性や、ユーザー側の反応はいかがなものでしょうか?

今回は、トリムマークとトリムエリア、それにアートボードの関係について考えてみます。

トリムマーク

t-mark2.gif

通常、DTPにおいて「トンボ」といえば、トリムマークのことを差す場合が多いでしょう。

トリムマークは、ターゲットのオブジェクトを選択後、[フィルタ]→[クリエイト]→[トリムマーク]として設定します。

トリムエリアはモニタ表示されていても、プリントはされないのに対して、トリムマークはレジストレーションカラーが設定されて、すべての色版にプリントされます。

複数同時使用できることも特徴のひとつです。


トリムエリア

t-area2.gif

ファイルを書き出す場合など、Photoshopと違いIllustratorでは、オブジェクトのサイズに合わせてファイルの縦横寸法が決まってしまうため、書き出すサイズを特定する場合、トリムエリアで出力範囲を指定する必要があります。

トリムエリアの設定方法は、Illustrator CSまでは[オブジェクト]→[トンボ]→[作成]となっていました。

Illustrator CS2以降は[オブジェクト]→[トリムエリア]→[作成]と名称が変わっています。

単なる名称の変更だけでなく、Illustrator CS3の新機能であるトリムエリアツールに関連して仕様に変化があるようです。


トリムエリアツール

t-tool2.gif

トリムエリアツールをドラッグ操作してもトリムエリアを作成できますが、通常トリムエリアを指定する場合は、数値指定操作が想定されるため、ターゲットになるエリアを、オブジェクトであらかじめ作成しておいてから、トリムエリアツールでクリック選択する方法がよいでしょう。

ツールアイコンをダブルクリックするなどして、オプションダイアログボックスを表示し、数値指定する方法もありますが、あらかじめオブジェクトを指定位置と指定寸法で作成しておいた方がスムーズです。


トリムマークはアートワーク上での複数個所設定が可能ですが、トリムエリアは選択されたトリムエリア一つしかアクティブにはできません。 同時にアクティブにはできませんが、Illustrator CS3からは、トリムエリアは複数箇所に作成できるようになっています。

トリムエリアの複数作成は、Alt (option)キーを押しながら、次のトリムエリアを指定すれば可能です。

例えば、下の画像のように、A2サイズ、420mm×594mmのアートボードに、A4サイズ、210mm×297mmのトリムエリアを並べて4つ作成しておき、それぞれにAからDまでのオブジェクトを配置しておきます。

複数個所のトリムエリアの表示は、Alt (option)キーを押し続けることで、一時的に浮かび上がります。

abcd2.gif

プリントダイアログボックスのセットアップカテゴリ

setup.gif

[ファイル]→[プリント]でプリントダイアログボックスを表示し、セットアップカテゴリからトリミングの設定を「トリムエリア」に変更すると、選択されたトリムエリアだけが印刷のターゲットになります。

トリムエリアの使用で、複数のトリムエリアをプリントも含めて管理することにより、Illustratorにおける複数ページの管理が、用紙サイズやプリント可能範囲といったタイル処理ではなくおこなえるようになりました。


整列パネルのアートボードとトリムエリア

t-seiretu.gif

Illustrator CS3以降、トリムエリアは、プリントや画面への出力範囲の指定にとどまらず、何を基準に配置オブジェクトの整列や分布をおこなうかという設定にも使用できるようになりました。

トリムエリアの使用を意図した場合、整列パネルのトリムエリア基準の整列・分布の切り替えは、有意義に使用できますが、トリムエリアを使用する意図がない場合は、まったく使用することはないでしょう。

アートボードとトリムエリアの微妙な関係

sinkidoc.gif

Illustrator CS3以降、新規ドキュメントプロファイルの名称で、ドキュメントエリアが各種設定の定型としてあらかじめ用意されています。

このうちの「Web」「モバイルとデバイス」「ビデオとフィルム」のいずれかを選択して、新規ドキュメントを作成します。

この場合、「Web」を選択しました。


14400.gif

Illustratorにはもともとアートボードというエリアがあり、[ファイル]→[ドキュメント設定]としてドキュメント設定ダイアログボックスからの再指定ができます。

「Web」の新規ドキュメントプロファイルのアートボードサイズを調べてみると、縦横14400px(5080 mm)となっており、800px × 600pxのトリムエリアによってサイズが指定されていることが分かります。

Illustrator CS3の最大スクラッチエリアが縦横16383 px(5779.5586 mm)であるのを考えると、いかに巨大なアートボードサイズなのかが分かるでしょう。

「Web」「モバイルとデバイス」「ビデオとフィルム」のいずれの新規ドキュメントプロファイルも同様に、アートボードサイズは縦横14400px(5080 mm)になります。

つまり、トリムエリアを指定すれば、アートボードというエリア指定は特に必要ではないということがいえます。

とはいえ、ユーザー側は「アートボード」という台紙で慣れているために、「トリムエリア」で台紙サイズを指定するという発想を理解して受け入れるかどうかは「微妙」なのではないでしょうか?

皆さんは、「トリムマーク」「トリムエリア」「アートボード」それぞれを、意識して使い分けていらっしゃいますか?

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る