ビットマップをベクトルに変換する(Illustratorの[モザイクオブジェクトを作成])

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2008年12月 8日、更新日:2015年9月 8日

ビットマップ画像は拡大率によってボンヤリしていまいますので、ベクトル化しておくという方法があります。たとえば、マウスカーソルとかWebなどでリンク箇所を示す指さしアイコンなどをベクトル化しておくと便利です。

mozaic3.gif

  1. Photoshopなどから必要な部分をコピーし、Illustratorにペーストします。
  2. 配置した画像を選択して、[オブジェクト]→[モザイクオブジェクトを作成...](CS3より前のバージョンでは[フィルタ]→[クリエイト]→[モザイク...])をクリックします。
    mozaic.gif
  3. ダイアログボックスが表示されたら、[タイル数]に現在のサイズと同じ数字を入れて[OK]をクリックします。
    mozaic2.gif
  4. これで完成です。Illustrator CS4では複合パスになっているので、解除しておくとよいでしょう。

連続する面が多い場合には、パスファインダで合体をかけておくとベターです。その際、[パスファインダ]のパレットメニューから[パスファインダ]オプションで[余分なポイントを削除]にチェックを付けておくと、直線上の不要なアンカーポイントが合体時に自動的に削除されます。

pathfinderoption.gif

バージョンによっては、[モザイクオブジェクトを作成...]を実行する前に、配置画像を埋め込みにしておく必要があります。

追記(パスファインダーの[合流])

連続する面が多い場合には、パスファインダで合体をかけておくとベターです

と書きましたが、グループ解除後、パスファインダーの[合流]を利用すると、同じカラーのオブジェクトを選択しておく必要がありません。

[余分なポイントを削除]オプションを組み合わせると、次のように軽くてキレイなデータになります。

このサンプルでは、363,736 バイト→98,494 バイトになりました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る