InDesign CS5:コンテンツグラバーをオフにする

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年7月27日、更新日:2010年12月31日

InDesign CS5のコンテンツグラバーは、選択ツールのままで、フレーム内の画像の位置を調整できるという画期的な機能です。

この画像のように、画像の上のマウスを載せると、フレーム中央にドーナツ上のアイコンが表示され、それをドラッグすることができる、というものです。

inddcs5-contentgrabber2.jpg

リリースから1ヶ月ほど使っていたのですが、どうにも馴染まないのでこれを非表示にしたいな、と思うようになりました。

馴染まない理由は、ついついフレームごと移動するときに、自然とフレームの中央をドラッグしてしまうため、フレームでなく、フレーム内の画像が動いてしまうのです。

環境設定を探しまくっていたのですが、それにあたるものが見つからず...... なかば諦めていたら、[表示]メニューの[エクストラ]→[コンテンツグラバーを隠す]で、非表示にすることができました。

inddcs5-contentgrabber1.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る