InDesignで文字スタイル/段落スタイルがどこで使われているかを探す

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年1月30日、更新日:2012年1月30日

使っていない文字スタイル/段落スタイルを整理したいときには、パネルメニューで[未使用をすべて選択]を使うのがセオリーですが、"意図せずどこかで使っているために未使用として選択されない。だけど、どこで使っているかわからない...."ということがあります。

文字スタイル/段落スタイルの場合には、次の手順で探します。

  1. [検索と置換]ダイアログボックスを開き、[検索形式]のをクリックします。
  2. [検索形式の設定]ダイアログボックスが表示されたら、探したい文字スタイル(または段落スタイル)を選択します。
  3. [検索と置換]ダイアログボックスに戻り、[検索文字列]を空白のまま、[検索]ボタンをクリックすると、指定した文字スタイル(段落スタイル)が適用されている文字列が選択されます。

そのオブジェクトスタイルがどこで使っているのかわからないときに、探す方法をご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください!

追記:

樋口泰行さん(@higuchidesign)からツイートいただきました。

  1. 検索ダイアログタブを「オブジェクト」に切り替え 2.段落スタイルと同様に、検索オブジェクト形式をクリック。3.表示される「検索オブジェクト形式オプション」で左の「スタイルの編集」を選択。 4.オブジェクトスタイル名を選んで検索実行です。

YUJIさん(InDesignの勉強部屋)からもコメントいただきました。

オブジェクトスタイルも「検索と置換」ダイアログで探せます。 「オブジェクト」タブを選択したら「検索オブジェクト形式」ボタンをクリックして「検索オブジェクト形式オプション」ダイアログを表示させます。
左側のリストから「スタイルの編集」を選択すれば、オブジェクトスタイルが指定できるようになります。
あとは同様に検索すればOKです。

ありがとうございます。思いっきり見落としですね...

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る