下線か段落境界線か... InDesignでの見出しの扱いの一例

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年12月27日、更新日:2013年12月28日

次のようなデザイン指示がありました。

作り方を見てみると、数字部分は別途テキストフレームで作成されていました。

これはこれでよいのですが、テキスト原稿にも「Step 1」、「Step 2」のような文字列があるため、別のテキストフレームとして扱わない方が面倒が減ります。

アプローチ(1)下線設定と先頭文字スタイル

「3」の部分に、下線を設定します。

これを文字スタイルに登録します(登録後、一旦、「なし」に)。

文字スタイルの適用の手間を省くために、先頭文字スタイルを使って、自動的に適用されるように設定します。原稿では、Stepの後のスペースを「タブ」に変更します。

これでよさそうな気がしますが、下線は横方向には伸びないので、数字の左右がうまくありません(前後に極細スペースなどを入れ、下線を設定した文字スタイルを3文字分適用する方法も検討しつつ...)。

アプローチ(2)段落境界線

[幅]を「テキスト」に設定し、段落境界線を設定します。

[左インデント](左側の余白部分=「Step」)、[右インデント](「3」の右側の余白)を設定します。

タブストップを打って、数字の位置(というか、数字の左の余白)を調整します。

完成。

ダウンロード

InDesignデータ(CS6)

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る