InDesignでオーバーライドされている箇所をマーキングしたり、段落スタイルごとにカラーリングする

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年1月 2日、更新日:2016年3月12日

ちょっと前の話題ですが、InDesign用の「StyLighter」というスクリプトが公開されていました。

これを使うと、次の2つが可能になります。

  • オーバーライドされている箇所に赤い線が出る
  • 段落スタイル/文字スタイルごとにカラーリングできる

参照リンク:

使い方

  1. ダウンロードする
  2. 解凍したJavaScriptファイル「StyLighter.jsx」を、「Scripts Panel」フォルダー内に移動する(InDesignでスクリプトフォルダーにスピーディに移動するTipsを参考にしてください)
  3. InDesignを起動したら、[スクリプト]パネルを開き、「StyLighter.jsx」をダブルクリックする
  4. ダイアログボックスが表示されるので[Activate]ボタンをクリックする

ドキュメントを開いているときには、次のようなダイアログボックスが表示されます。設定したい段落スタイル/文字スタイルにカラーを設定します。

CS6版

なぜかCS6版はインターフェイスが異なります。

同様に起動すると、次のような画面が表示されますので、[Activate the preview mode]オプションにチェックを付けます。

カラーを変更したときには、[OK]ボタンをクリックすると次の画面が表示されますので、[Apply the patch]ボタンをクリックします。

追記(2016年3月12日):

InDesign CC 2015.3で「オーバーライドマーカー」が搭載されました。

[段落スタイル]パネル、[文字スタイル]パネルそれぞれの上部にある[+]アイコンをクリックすると、オーバーライド部分がハイライトされます。

キーボードショートカットを設定することもできます。

アドビのヘルプはこちら。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る