InDesignの索引作成の際、ノンブルの前に右インデントタブを入れる

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2016年4月28日、更新日:2016年4月28日

シンプルな索引(構造化されていない索引)の場合「項目名(右インデントタブ)ノンブル」の形式で吐き出すと、段組の間隔の変更時などに再調整の手間が省けます。

しかし、[索引の設定]ダイアログボックスの[見出しに続く]の▶をクリックして表示されるポップアップメニュー内には、「右インデントタブ」がありません。

[見出しに続く]フィールドに「^y」と手入力します。手入力しなくていいようにポップアップメニュー内に「右インデントタブ」を入れて欲しいですね!

なお、デフォルトでは「項目名(2つの半角スペース)ノンブル」になっています。

追記:

なんでやねんDTPさんからコメントいただきました。

フラッシュスペースではダメですかね?

フラッシュスペースを挿入し、両端揃えに設定すれば、右インデントタブのように扱うことができますね。ありがとうございます。

ただし、フラッシュスペースでは、タブリーダーを付けることができないようです(できるのかな?)。タブリーダー不要であれば、ポップアップメニューから選択できるフラッシュスペースという選択肢もあり、ということで。

それにしてもフラッシュスペース、ちょっと研究しがいがある強者です。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る