CS2のIntel Mac対応状況

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2006年7月 2日、更新日:2011年1月 8日

iMac、MacBook Pro、そしてMacBookがリリースされ、残るはPowerMacのみIntel化を待つのみとなっている。

さて、Intelに完全対応していないアプリケーションは、ロゼッタという技術によりエミュレーションされて動作するが、Adobe Creative Suite 2にあたっては、「Version Cue」が動作しないほか、InDesignの数値がおかしいという問題が生じている。

コントロールパレットの数値が下図のように、なんだかすごいことになってしまうのだ。これは、最新のMac OS X 10.4.7と、InDesign 4.0.3の組み合わせでも同様。メートル系(mm)でダメならポイントにすれば?と思うがそれでもNG。

Intel Mac上で動作させたInDesignのコントロールパレット

その他のIllustrator、Photoshopなどは基本的に動作する。また、Dreamweaver 8やFireworks、FlashもOK。

PowerMacについては、8月8日からWWDCという開発者向けのイベントにて発表されるのではないかという噂がある。これ以降、IntelでないMacintoshは購入できなくなる。

一方、CS3のリリースは来春。この期間、新規購入するマックではInDesignをまじえた仕事はできないことになる。もし、近々に購入を検討されている場合、WWDC前に購入するのが得策だろう。

追記: Adobeサポートデータベース:Intel ベースの Macintosh における Version Cue CS2 の起動および実行時の問題について

追記2:上記の問題は10.4.8アップデータによって解決しました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る