InDesignの「パッケージ」機能の注意点

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2007年10月 8日、更新日:2011年1月 2日

InDesignには「パッケージ」という名称で、出力ファイルを収集する機能があります。この機能についての考察がInDesign居残り補習室で取り上げられています。

まとめると:

  • ペーストボード上のファイルは収集しない
  • 非表示レイヤーの収集は、ユーザーが決定できる
    パッケージ機能のダイアログボックスでのオプション設定
  • 同ファイル名で中身の違う画像にリンクしている場合には、画像の末尾に数字を付加する
  • ブック機能を使っている場合、同じファイルに対してリンクしていても"同ファイル名で中身の違う画像"と同様に扱われる

なお、孫データ(Illustratorにリンク配置されているリンク)の収集はできません。その都度、Illustratorで埋め込んでしまうという方法はありますが....

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る