『InDesign組版の極上Tips!』(PAGE 2009レポート)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年2月 5日、更新日:2014年4月22日

DSC04823.jpg

2009年2月4-6日に、池袋サンシャインで開催されたPAGE 2009のレポート第二弾。

デジタルワークフロー・ソリューションZONEの『InDesign組版の極上Tips!』(市川せうぞーさん/シンクス)では、次の機能などをデモを交えて紹介されていました。はじまる前からほぼ満員状態。このセッションを目指して来られた方が多いようすでした。

基本的にはデモのみ。とりあえず、InDesignでこんなことができるということを知っていただき、続きはブログでスタイルで進行されていました。私は、ほとんどの記事を事前に読んでいたハズですが、改めてデモを見ながら解説されるとナルホド!と思うことがありました。

  • 非対称のマスターページ
  • オブジェクトのミラー
  • 定規ガイド
  • ラウンド見出し
  • サンプルテキストの割り付け(欧文でなく文字玉を挿入)
  • 引き出し線の色フチ
  • 線のイースターエッグ
  • 正規表現テキストを使って、欧文のみ言語を欧文に
  • IDMLを使ったサーバでの名刺ジェネレータ

それぞれにリンクを張ろうと思ったら、さっそく、[InDesign][Seminar]「InDesign組版の極上Tips」ネタ一覧にて、一覧表示されていました。

補足:セッション内で「すまる」いう用語が出てきました。次の行に「す。」のように1文字だけ残ってしまうことを指すのだそうです。はじめて聞きました。

中でもこれは使える!と思ったのが「正規表現テキストを使って、欧文のみ言語を欧文にする」という荒技。

reg-spell2.png

▲段落スタイルで正規表現スタイルを選択し、[a-zA-Z0-9_.,-]+のテキストに対し、[言語:英語米国]に設定した文字スタイルを適用する

[a-zA-Z0-9_\.,-]+

InDesignでは[文字]パレットの[言語]が「日本語」になっていると、スペルチェックの対象となりません。過去のバージョンでは、日本語もスペルチェックにかかってしまうなどの不具合もありました。

reg-spell.gif

これまでは、入力した文字を選択して[言語]を「英語(米国)」を選択することで、欧文のみ言語を変更していましたが、後から入力した文字には対応できませんでした。スペルチェックだけでなく、ハイフネーション、自動修正(オートコレクト)などの機能も使えるようになります。

InDesign CS4もバージョンで言ったら6.0。このあたりかなりクリティカルなので、こんな裏技使わなくてもできるようにして欲しいところですが、とりあえずはこの技、ヘビーに使いそうです。

参照:PAGE 2009:InDesign 組版の極上Tips! - MACお宝鑑定団 blog

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る