ロゴを(切り抜かずに)透過する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年3月23日、更新日:2010年8月25日

logo_transparent_beforeafter.jpg

支給されたロゴがビットマップのみで、かつ背景が透過されていないといったケースがあります。

トレースしようにも解像度が低くてムリ、こんなときに使えるテクニックをご紹介します。

この記事の元ネタは、CreativeTechs Tips » Isolate a Logo on a Transparent Background.です。

  1. 斜体の「背景」レイヤーになっている場合には、レイヤー名をダブルクリックして「レイヤー0」に変更します。
    logo_transparent01.png
  2. ロゴの透過を確認するための新規レイヤー(レイヤー1)を作成し、適当なカラーで塗りつぶします。「レイヤー1」は「レイヤー0」の下に移動します。
    logo_transparent02.png
  3. 「レイヤー0」のサムネールをダブルクリックして、[レイヤースタイル]ダイアログボックスを表示します。[ブレンド条件]の「このレイヤー」にある白いスライダーを左方向にドラッグします。
    logo_transparent03.jpg
  4. 「レイヤー0」の白地が透けますが、フリンジ(ロゴのエッジ付近のゴミ)は残ったままです(スライダーをもっと左側に移動すればフリンジは消えますが、ロゴがやせてしまいます)。
    logo_transparent05.png
  5. 再度、「レイヤー0」のサムネールをダブルクリックして、[レイヤースタイル]ダイアログボックスを表示します。[ブレンド条件]の「このレイヤー」にある白いスライダーを、optionキーを押しながら左方向にドラッグします(スライダーは2つに分離します)。
    logo_transparent06.jpg
  6. いい感じにロゴが透過するところを見極めます。
    logo_transparent07.png
  7. このままでは、その後の作業がしにくいので、「レイヤー0」のブレンド条件をクリアしておきましょう。
    まず、確認用の「レイヤー1」を非表示にします。新規レイヤーを作成し、「レイヤー0」の下に移動します。レイヤーパレットメニューから[表示レイヤーを結合]を実行します。
    logo_transparent08.png
  8. 「レイヤー0」に着色したい場合には、新規レイヤー(レイヤー3)を作成し、着色したいカラーで塗りつぶします。「レイヤー0」と「レイヤー3」の間でoption+クリックし、クリッピングマスクを設定します。
    logo_transparent09.png

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

『10倍ラクするPhotoshop仕事術』

発売準備中。

お知らせメール登録

『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』

2015年3月『10倍ラクするIllustrator仕事術』の兄弟本としてソシムから発売。

  • 1章 制作をはじめる前に(鷹野 雅弘)
  • 2章 Photoshop CC以降でのカンプ作成のベストプラクティス(黒葛原 道)
  • 3章 モバイルにも通用するデザインカンプ制作のイロハ(牧下 浩之)
  • 4章 効率化のためのTips(三浦 将)
  • 5章 見落としがちな基本機能(鷹野 雅弘)

書名の通り、Web向けの内容です。

Adobe MAX Japan 2017の前日に非公式前夜祭「maxonomy 2017」を開催

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る