Photoshopの[すべての領域を表示]

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年8月18日、更新日:2010年12月30日

Fireworksには、オブジェクトの大きさにカンバスをフィットさせる[カンバスを合わせる]というコマンドがあり、よく使います(command+option+F/Fit)。

Photoshopにもあればな、と思っていたところ、[イメージ]メニューの[すべての領域を表示]を使って同様のことが行えることに気づきました。

Photoshop付属のサンプルファイル「魚.psd」に対して[すべての領域を表示]を実行すると、

PSCS5-allarea1-s.png

次のようになります。

PSCS5-allarea2-s.png

とりあえず、Photoshop CS4にはあることを確認したのですが、[すべての領域を表示]では意味がわからず、スルーしていただけでもっと前からあったかもしれません。 Fireworks同様、[カンバスを合わせる]に変更した方がよいと思います。

追記(8月19日)

調べたところ、Photoshop 7.0でも[すべての領域を表示]がありました...

[カンバスサイズ]ダイアログボックス(イメージ→カンバスサイズ)の中にボタンがあってもいいかな、と思ったり。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

『10倍ラクするPhotoshop仕事術』

2016年に発売予定。

お知らせメール登録

『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』

2015年3月『10倍ラクするIllustrator仕事術』の兄弟本としてソシムから発売。

  • 1章 制作をはじめる前に(鷹野 雅弘)
  • 2章 Photoshop CC以降でのカンプ作成のベストプラクティス(黒葛原 道)
  • 3章 モバイルにも通用するデザインカンプ制作のイロハ(牧下 浩之)
  • 4章 効率化のためのTips(三浦 将)
  • 5章 見落としがちな基本機能(鷹野 雅弘)

書名の通り、Web向けの内容です。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る