Photoshop CC 2018(19.1)に「1クリックで被写体選択」が来た!

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2018年1月24日、更新日:2018年1月25日
 

昨日(2018年1月22日)、Photoshop CC 2018がアップデートされ、次の機能強化が行われました。

  • 1クリックで被写体を選択
  • 「選択とマスク」機能の強化([不要なカラーの除去]オプションの[適用量]のスライダー)

  • 高解像度モニターのサポート強化(Windows Creatorsエディション以降)

  • Microsoft Dialとの連携強化

このなかで注目したいのが「1クリックで被写体を選択」機能。「Select Subject」として、昨年(2017年)11月に発表されたものが、早々に搭載されました。

「Adobe Sensei」というキーワードで話題になっている機械学習による認識によるものとのことです。

[被写体を選択]の使い方

「画像中の主要な被写体をワンクリックで選択できます」と記述されているので、画像内をクリックするのかな?と思ってしまいますが、クリックするのはメニューコマンドやオプションバーのボタンです。

次の3つのアプローチがあります(海外協力:ジョージさん)。

  • [選択範囲]メニューの[被写体を選択]をクリックする

  • [クイック選択ツール](または[自動選択ツール])の使用中に、オプションバーの[被写体を選択]をクリックする

  • [選択とマスク]ワークスペースを使用中に、オプションバーの[被写体を選択]をクリックする

最初の2つの場合には、選択範囲のみが作成されます。

精度は?

こちらのサンプル(ジョージさん)だと、この程度に抜けます。

選択範囲を作成後に、次のいずれかで微調整します。

  • 「選択とマスク」ワークスペースに移行する
  • レイヤーマスクを作成し、マウスを調整する

複数人でもOK

複数人いても1クリックで適用できる!とのことで、こちらの画像に対してやってみました。

結果はこんな感じでした。後ろ向きが弱いのかな…

本音の感想

やっぱり、“ややこしい”ところには微調整が必要です。[被写体を選択]を実行後、[選択とマスク]ワークスペースに切り換えたり、レイヤーマスクを調整するなど、仕上げの調整が必須。

追記:一夜明けて

選択範囲を“いい感じ”に作ってくれることを夢見ましたが、そこは、(今のところ)まだまだみたいで「選択とマスク」と併用していく必要があります。

次のようにまとめることができます。

  • [被写体を選択]で選択範囲を作ったら、「選択とマスク」ワークスペースに切り換えて微調整する
  • まず、「選択とマスク」ワークスペースに切り換えて、その中で[被写体を選択]を実行し、ざっくりと選択範囲を作成。その後、微調整を行う

[クイック選択ツール]は、通常のワークスペースの[ツール]パネルにも、「選択とマスク」ワークスペースのツールパネルにもあります。

Twitterのモーメント

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

『10倍ラクするPhotoshop仕事術』

発売準備中。

お知らせメール登録

『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』

2015年3月『10倍ラクするIllustrator仕事術』の兄弟本としてソシムから発売。

  • 1章 制作をはじめる前に(鷹野 雅弘)
  • 2章 Photoshop CC以降でのカンプ作成のベストプラクティス(黒葛原 道)
  • 3章 モバイルにも通用するデザインカンプ制作のイロハ(牧下 浩之)
  • 4章 効率化のためのTips(三浦 将)
  • 5章 見落としがちな基本機能(鷹野 雅弘)

書名の通り、Web向けの内容です。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る