macOS Sierra(10.12)に移行終了(メモ)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年8月 6日、更新日:2017年8月14日

重い腰を上げて、OS X El Capitan(10.11)からmacOS Sierra(10.12)にしました。

さすがに「10.12.6」とアップデートも6回かかっているのもあるのですが、一番は、Karabiner待ちでした。

移行に関してのメモを共有します。

Karabiner(→ Karabiner-Elements)

macOS Sierra(10.12)のリリース(2016年9月20日)からほぼ1年。移行をためらっていたのは、正直、Karabiner待ちでした。

特に、commandキーの空打ちによる英数/かなの切り換え。

これに関しては、それだけを担当する「⌘英かな」があったりするのですが、その他、Karabinerに依存していたため、移行に踏み切れず…

macOS Sierra(10.12)対応のKarabiner-Elementsによる、「commandキーの空打ちによる英数/かなの切り換え」は、ようやく7月に対応。

Karabinerでやっていたことの多くは、Keyboard Maestroにて実現できそうなので、Karabiner-Elementsでの設定は、かな/英数の切り換えのみ(待っていたわりに、それだけ?って感じですが)。

と思ったんだけど、[Fn+Number to KeyPad]が、まだ実装されていないので、出先でInDesignを使えない…

Seil(→ Karabiner-Elements)

キーのリマップを担当するユーティリティ。Karabiner-Elementsに統合。

次の2つを設定。

  • caps lockキーを左controlキーに
  • 右optionキーを右controlキーに

caps lockキーのリマップは標準のシステム環境設定でも可能なのですが、うまく効かないようです。

Excel(Office 2016版に)

「スパークライン非対応だし、Offce 2011のままでいいや…」と思っていたのですが、PowerPointの「Adobe Stock」アドインを使ってみたくて移行。

なお、「Office 365 Solo」では、「2 台の Windows PC または Mac にインストール可能」とのことで、追加費用なしで移行できたのでした(もっと速くに気付けばよかった)。

アニメーションをオフに

選択しているセルの移動の際、アニメーション表示されるようになりました。最初、「おっ!」と思っていたのですが、気が散ります。

環境設定[編集]の[操作をアニメーションで表示]オプションをオフにして、非表示に設定しました。

大きく変わったキーボードショートカット

Excel 2016では、キーボードショートカットの設定をアプリケーション内で設定できなくなくなりました。

Office for Mac でカスタム ショートカット キーを作成するには、Mac OS X に組み込まれている機能を使用します。

思い切ったな!とそれはそれでいいとして、control+I(行や列の挿入)、control+K(行や列の削除)のキーボードショートカットが使えなくなってしまいました。

「いやいや、これ、一番使うキーボードショートカットでしょ!」と思うのですが、そうでもないですかね…

仕方がないので、Keyboard Maestroで設定。削除の方はcontrol+Kひとつで設定できますが、挿入の方は、行と列で別途設定する必要があります。

なお、フォント類は、アプリケーション内「/Applications/Microsoft Excel.app/Contents/Resources/DFonts」にインストールされるようになっています。

そのため、「MS ゴシック」をはじめ「HG〜」のフォントがすべてズラーっと表示されてしまいます。互換性のためには必須ですが、正直、不要。

Jedit X

既存のドキュメントを開こうとすると「デフォルトフォントが指定されていません!!」というアラートが出るように。

もちろん、設定しているのですが…

さらに、このアラート。3回、[OK]ボタンをクリックしないと消えない…

ちょうど、このタイミングでJedit Ωがリリースされたので、こちらに移行することに。

Jedit Ω

前版 Jedit X の後継として、全面的な見直しを行い、ゼロから書き直しました。最新のOS環境に適応しながら、Jedit X からの各機能もできるだけ引き継ぎ、より使いやすいエディタを目指して開発されました。

とあるように、Jedit Xの新バージョン。非常に軽快。[環境設定をiCloud上で同期する]オプションが追加されたのが嬉しい。

下記が現在での気になった点。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る