あなたのデスクトップみせてください:2012年版(下半期)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年8月19日、更新日:2012年12月11日

あなたのデスクトップみせてください:2012年版のその後です。

どうにもOS X Lionになじめず、だましだましMac OS X 10.6(Snow Leopard)を使ってきましたが、MacBook Pro with Retinaディスプレイの導入とともにOS X 10.8(Mountain Lion)にしました。

  • Dock:非表示に。ものすごく小さくしていて一切使っていません。
  • DragThing:セミナーでよく聞かれるのですが、老舗のランチャーです。検証のため「CS3」、「CS4」、「CS5」、「CS5.5」、「CS6」などのフォルダを作って、各CSアプリを分類しています。タブにドラッグしてカテゴリを切り替えたり、もちろん、アイコンにもドラッグ&ドロップできます。左上にあるのはDockではなく、DragThingのドックです。なお、最小化はやめました。
  • Sapiens.appはやめました。
  • Alfred.app:後述
  • Clean.app:デスクトップにあるファイルを定期的に(または任意のタイミングで)特定のフォルダーに待避

その他、Finderの設定

  • デスクトップには、ハードディスク、外部ディスクなどは表示しない
  • Finderウィンドウのデフォルトは「リスト表示」、「変更日」順
  • アイコンプレビューはオフに(どのアプリケーションで作ったか、がわかるように)
  • Lion以降の「並び順」は使わない

Finder-default.jpg

Alfred

非常に優れていて、1-2文字で開きたいアプリがヒットします。

alfred-ac-s.jpg

なお、[Advanced]カテゴリの[Keyboard]タブで[Force Keyboard]を「U.S.」に変更して使っています。

alfred-us-s.jpg

フォルダー分け

  • 「書類」フォルダー内に、プロジェクトごとのフォルダーを作り、プロジェクトに関するドキュメントはそこに放り込む
  • プロジェクトごとのフォルダーには、基本的にサブフォルダーは作らない
  • 時間をかけて作るドキュメント(InDesign、Keynote、Illustratorなど)は、「-v23」のようにバージョン番号を付けて別名保存していく

バックアップ

Dropbox、SugarSync、TimeMachineに自動バックアップ。さらに、重要なものは、別途、外付けハードディスクなどに手動でバックアップ。

Dreamweaver、Jedit、Excel、Illustratorなどは、ForeverSave 2を使って、自動でバージョニング。

ご参考

キーボードはmacally icekey、マウスはMighty Mouse。マウスパッドはエアーパッドプログラファイト。

追記:

youichi7imazekiのDTPメモさんでも公開いただいていました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る