あなたのデスクトップみせてください:2013年版

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年1月 2日、更新日:2013年1月 2日

自分の環境の棚卸しのために、主にデスクトップまわりの設定をまとめてみました。

現在のメイン環境は、MacBook Pro with Retinaディスプレイ(メモリ16GB)に、30インチシネマディスプレイをクラムシェルで接続しています。OSは、OS X 10.8(Mountain Lion)。

デスクトップピクチャ

無地の青、「Solid Aqua Blue」を指定しています。また、[半透明メニューバー]をオフに。

Dock

非表示にはできないので、「下に表示」、「"自動的に隠す"機能を切にする」設定にし、ものすごく縮小しています。

DragThing

2つのDragThingドックを使っています。

1つは画面下。カテゴリごとにレイヤー分けし、主にアプリアイコンを登録します。 特に、現状だと、CS3/CS4/CS5/CS5.5/CS6を使い分ける必要があるため、これをレイヤー分けしています。

もうひとつは画面左。Jedit、Mail.app、Mailplane、辞書、Safari、iTunes、Firefox、Google Chrome、iPhotoなど、使い頻度が高いもの、ファイルなどをドラッグ&ドロップして使うものを登録しています。

ブラウザーだけでSafari、Firefox、Google Chromeの3つがありますが、Googleアカウント、Twitterアカウントなどを、それぞれで使い分けています(メインブラウザーは、なぜかFirefox)。

デスクトップ上の[ゴミ箱]も、DragThingの機能です。

なお、DragThingの[一般]環境設定内の[ホットスポット]で画面左下に[DragThingを前面に出す]設定を行っています。つまり、画面左下にマウスポインターを移動すると、DragThingが最前面に表示されます。

Alfred.app

テキストベースのランチャー。起動のキーボードショートカットのデフォルト「option+スペース」は、InDesignとバッティングするので、はcommand+option+control+スペースに変更しています。

たとえば、command+option+control+スペースを押して、Alfredのウィンドウを表示し、起動したいアプリケーション名をタイプしてenterキーを押します。

そのほか、「define xxx」のように入力して、直接、辞書.appを開くといった使い方をしています。

その他、使っているもの

  • Clean.app:デスクトップにあるファイルを定期的に(または任意のタイミングで)特定のフォルダーに待避

ご参考:

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る