DTPに音声入力・読み上げを活用する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年4月 4日、更新日:2017年4月28日

テキスト入力や原稿チェックに音声を活用するのが現実的な時代になりそうです。

音声読み上げを原稿チェックに活用するアイデアをさっそくはじめてみましたが、非常に効果的です。

テキスト入力に活用する

KNN神田さんが、macOS sierra(10.12)から可能になったデスクトップのSiriを音声入力に使う方法を紹介されていました。

動画の中で、2045年を待たず、当たり前になる時代が来るだろうと予言されています。

  • 2012年:Siri
  • 2014年:OK Google
  • 2015年:Cortana
  • 2016年:自動運転、VR、ドローン、AI、音声認識

「10代ではフリック入力すら古い」

2016年には、「10代ではフリック入力すら古い」が話題になりました。

音声読み上げを校正に利用する

Stocker.jp / diaryのMacで素早く作業する10のTIPS+αの「素早くテキスト読み上げ」で、原稿チェックに使うアイデアが紹介されています。

OS X El Capitan(10.11)では、[音声入力と読み上げ]から。

[アクセシビリティ]から移動することもできます。

音声読み上げは、「同音異義語」はチェックできないので、その点をお忘れなく!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る