老眼問題とRetinaディスプレイ

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年8月 7日、更新日:2016年11月 6日

15MBPR_34_Op_ApertureZebras_PRINT.jpg

DTP Transitでは、以前からシニアデザイナーの老眼問題を扱ってきました。

これの解決策のひとつがRetinaディスプレイです。

2012年6月にMacBook Pro Retinaディスプレイモデル というものが発売されましたが、これが素晴らしい。

ずっと裸眼で生活してきて、突然、コンタクトレンズを付けた感じ。

とはいってもアドビの対応は遅いだろうし...と思いきや、Illustrator CS6だけ、なぜかRetina対応しているようです(と、甲斐さんから教えていただいて気づきました)。

Illustrator CS5/5.1の[文字]パネルはこんな感じですが、

AICS5-moji-panel-nonretina.png

Illustrator CS6だと、こんなにクッキリ。

AICS6-moji-panel-retina.png

いやいや解像度倍じゃん!というツッコミがあると思うので、サイズを揃えると...

AICS6-moji-panel-retina.png

なお、Illustrator CS6のRetina対応は部分的なものでツールボックスのアイコンなどはボンヤリしています。

RetinaディスプレイでのSafari

ちなみに、SafariでWebサイトを見ると、画像化された文字よりデバイスフォントの方がクッキリしている、という逆転現象です。

cap-transit-retina.png

とはいっても、やはり広い画面で作業した方が何かと効率がよいので、普段はクラムシェルで30インチのシネマディスプレイにつなげているので意味がないといえば意味がないのですが...

パネルの文字とか小さすぎだよ!!と息巻いている悩みは、あと数年たって、ディスプレイもアプリもすべてRetina対応になることで解決しそうです。

その数年後にタイムスリップしたい!

追記:

追記(2012年8月28日):

[情報を見る]を見ると、やはり、Illustrator CS6だけ[低解像度で開く]オプションが選択できるようになっています。

追記(2014年3月):

その後、Illustrator CS6/CC、Photoshop CS6/CC、InDesign CS6/CCともにRetina 対応しています。

あとは、Retina対応のCinemaディスプレイ。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る