MacBook Proの蓋を閉じずにクラムシェルを使う

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年2月18日、更新日:2014年3月15日

早くRetinaタイプの大型ディプレイが出ないかな〜と、日々待ち続けている鷹野です。

クラムシェルモード (内蔵ディスプレイを閉じた状態) で外部ディスプレイを使用するには、MacBook Pro(の蓋)を閉じておく必要があります。

しかし、かなり熱がこもってしまうため、長時間使うのは好ましくありません。2012年5月の故障は、おそらくこの熱暴走が問題。

これを回避する方法として、あかつき@おばなのDTP稼業録にて、次のTipsが掲載されていました。

ウチのMacBook Proの場合、SDカードスロットの上辺りに磁石を置いたところ、ディスプレイを開いたままクラムシェルモードにすることができました。

P1200595.jpg

「磁石を置く場所は機種によって異なる」ようですが、要するに、蓋が閉じているよ、と認識される場所(ホットスポット)があり、そこに磁石を置くということですね。ちなみにMacBook Pro w/Retinaの場合、左のスピーカーの中ほどがホットスポットです。

現在は、MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデルに、30インチシネマディスプレイをクラムシェル接続していますが、次のような工夫を行っています。

  • 冷却ファンのついているノートパソコン用の台に乗せる
  • 夏場は、さらにキーボードのあたりに当たるように小さな扇風機を当てる

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る