+DESIGNING VOLUME 40「文字と組版、書体とフォント」はマストバイ

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2015年9月22日、更新日:2017年4月17日

2015年9月28日に+DESIGNING vol.40が発売されます。テーマは、秋の恒例企画「文字」。マストバイな号として期待大です。

Facebookページにてサンプルを確認できます。

文字を使ってデザインをするときに心がけておきたい10つのこと

冒頭では、文字を使ってデザインをするときに心がけておきたい10つのことをカイシトモヤさんが解説します。アプリケーションを使う以前に、覚えておきたいことばかりです。

大石十三夫さんによる文字組みトラブル処方箋

続くパートでは組版記事ではおなじみ、大石十三夫さんによる文字組みトラブル処方箋。アプリケーションをデフォルト設定のまま使っていることで起こりえるトラブル例とその原因、解決方法を紹介します。(vol.38掲載の文字組みに関する記事とあわせてお読みいただくとより内容がわかりやすくなります)また、InDesign・Illustratorで変更しておくべき設定などについても触れています。

Glyphsでフォントづくり

続いてのパートは「Glyphsでフォントづくり」。2.0になって機能がぐっと充実したフォント制作アプリ「Glyphs」を使ってフォントをつくるための方法を解説しています。フォントをつくる、といっても、A~Z、a~z、0~9とすべての文字をつくる必要はありません。たった一文字しかないフォントがデザイン・制作業務を効率化するケースも多々あります。そうした際に、気軽にフォントをつくれるようになれるはずです。

きれいなデータはトラブル知らず! デザインデータ制作マニュアル

「きれいなデータはトラブル知らず! デザインデータ制作マニュアル」も楽しみです。

『印刷の誤差ーズレと戦う印刷史』

追記:

昨年の文字特集は電子版で購入してみたのですが、検索などができない画像版でした。拡大にも耐えないので、紙版がよさそうに思います(VOLUME 40については確証はありません)。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る