DTP Transitでタグ「+DESIGNING」が付けられているもの

+DESIGNING VOLUME 42』が発売されています。41に続けてとても濃い内容がギッシリです。文字/組版まわりに興味がある方は必読な号です。

vol.42のテーマは「文字」。冒頭は、AXIS FontやTP明朝、都市フォントプロジェクトで知られるタイププロジェクトへの取材記事。これまで手がけた仕事を通して、タイププロジェクトが文字にかける想いとともに、文字の機能、役割、可能性を明らかにしていきます。

本編は、文字編、本文組版編、見出し編の3編。フォントの文字、グリフのしくみから基本的な組版のルール、書体によって異なる、見出し組みの考え方など、いまのデザイン、DTPに欠かすことができない知識と考え方を知ることができます。各編にはQAパートを用意しているので、それまでの内容がしっかり身に付いているかを確認にすることもできます。

後半では、タイプバンクが送り出す新時代の教科書体「UDデジタル教科書体」ができるまでの取材記事や、モリパス部員が祖父江慎さんにMORISAWA PASSPORTの新書体の魅力を聞く対談記事も。コラムでは松田行正さんが、読みやすい文字組みが時代によってどのように変化してきたかを解説しています。

このほか、今回はMORISAWA PASSPORTの全書体をわかりやすくまとめた「MORISAWA PASSPORT FONT MAP 2016」が付録。用途やイメージで分類したフォントマップや、全書体をファミリー単位でまとめた書体一覧、モリサワ[Pr6/Pr6N]フォントの全グリフ一覧を掲載しています。

連載「おぢんの文字と組版 素朴な疑問」では、細かい設定が行なえる「文字組みアキ量設定」でも解消できない問題などを解説。「Kaleido Lab.」では東洋インキの新しいインキソリューション「Kaleido Plus」をいち早く実験。CMY3色+オレンジの4色による印刷に挑戦しました。今号の97〜112ページはすべて、この「Kaleido Plus」で印刷されているのでぜひとも書店で実物をご覧頂けますと幸いです。(こ)

Google ブックスにて、チラ見できます。

2015年9月28日に+DESIGNING vol.40が発売されます。テーマは、秋の恒例企画「文字」。マストバイな号として期待大です。

Facebookページにてサンプルを確認できます。

文字を使ってデザインをするときに心がけておきたい10つのこと

冒頭では、文字を使ってデザインをするときに心がけておきたい10つのことをカイシトモヤさんが解説します。アプリケーションを使う以前に、覚えておきたいことばかりです。

Season5.png

+DESIGNINGさんとのコラボ放送となるDesign Magazine Channel「文字編」、「組版編」のアーカイブ(録画)が公開されています。

  • 「文字編」:小林功二(+DESIGNING編集長)、紺野慎一(TOPPAN)
  • 「組版編」:小林功二(+DESIGNING編集長)、大石十三夫(はあどわあく) 

9月8日15時〜18時半、毎日コミュニケーションズ パレスサイドビル9F マイナビルームAにてMJクリエイティブ電子出版セミナーVol.1が開催されます。

雑誌「Web Designing」、雑誌「+DESIGNING」、マイコミジャーナルの3媒体合同主催によるもので、電子出版をめぐる現状や課題についての理解を深めることを目的としたセミナー。セミナーの参加対象者は、編集者、デザイナー、DTPオペレーターなど制作者を中心とした、電子出版に関わる人々。

セミナーの講演内容としては、「電子出版の今と出版業界の課題/講師:村瀬拓男(弁護士)」、「電子書籍フォーマットの基礎知識/講師:境祐司」、「InDesignからePubの書き出しの実際/講師:森 裕司(ザッツ)」などが予定されている(※講演タイトルはすべて仮題)。

参加費は8,000円で募集は120名限定だそうです。

『+DESIGNING』『WebDesigning』『マイコミジャーナル』の共催による「電子出版スタートアップセミナー」が7月5日(月)に開催されます。

kindleやiPadの登場で急激にマーケットが立ち上がってきた電子出版ですが、いざ参入しようと思っても、何をしたらいいのかわからないという人が多いのが現状でしょう。そこでこのセミナーでは「電子出版はじめの一歩」をテーマとして、出版業界が置かれている現状を踏まえつつ、端末とフォーマット、そして流通(プラットフォーム)をといった、電子出版をビジネスとして立ち上げるために知っておきたいことを整理し、わかりやすく解説いたします。

また、米『Times』誌で話題のApple iPad向けデジタルマガジン制作ツールの開発・提供を手がけるWoodWing社や、今夏に電子書籍ソリューション「MCBook」をリリース予定のモリサワなどのデモンストレーションも行われ、すでにプラットフォームとして実績ある「マガストア」の事例も紹介される予定です。

対象は電子出版に参入を考えている出版社および、電子出版コンテンツ制作に取り組もうとお考えのデザイン・制作会社の皆様です。参加費は8,000円で募集人数は120名となります。皆様、奮ってご参加下さい。

電子出版スタートアップセミナーの詳細および申し込み

+DESIGNING Seminar Vol.3「InDesign×PDFで向上させるデザインワーク」が9月24日に開催されます。

内容は次の3本立て。

  • InDesignを120%使いこなすスーパーTip/有限会社ザッツ 代表 森 裕司氏
  • 読みやすい誌面を実現するInDesignの文字組版/株式会社モリサワ 大澤 叙夫
  • 実例で学ぶPDF徹底活用術/アドビ システムズ 株式会社 岩本 崇、+DESIGNING 編集長 小木 昌樹

参加費は無料ですが、事前登録が必要です。詳細はこちらから。

+DESIGNINGが、アドビシステムズ、モリサワと共催でCreativity & Productivity Seminar「新しい環境でクリエイティブを加速せよ!」を開催するようです。

コンテンツは次の3つ。

  • +DESIGNING式雑誌の作り方(+DESIGNING&大丸グラフィックス)
  • それいけニッポン文字!(コズフィッシュ/祖父江慎)
  • めざせ男前デザイン!(MR.DESIGN/佐野研二郎)

お申し込みはこちらから。定員は400名、参加費は無料です。

07743-11-07.gif

定期誌となった+DESIGNINGが、13%お得な定期購読キャンペーンを実施しています。

+DESIGNINGが定期的にセミナーを開催するようです。第1回目は「色」をテーマに10月18日に開催されます。

plusD-468-60-2.gif

画像:+DTP毎日コミュニケーションズの+DESIGNINGシリーズから、+DTP VOLUME1 (2007.SPRING)が発売されました。

特集は次の2つ。かなり突っ込んだ実用的な内容です。

  • PDFワークフロー導入ガイド
  • Illustratorデータ制作&互換完全マニュアル

関連リンク:

+DESIGNING Vol.1

雑誌「+DESIGNING Vol.1」が創刊、特集は文字です。メイリオの開発話なども掲載されています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る