DTP Transitでタグ「アピアランス」が付けられているもの

本日(2017年4月6日)リリースされたIllustrator CC 2017(21.1.0)で「画像の切り抜き」機能が追加されました。

結論からいうと、DTPユーザーは使わないかな、と思います。

  1. 画像を選択し、コントロールパネルの[画像の切り抜き]ボタンをクリックする

    または、[オブジェクト]メニューの[画像の切り抜き]をクリック

  2. 切り抜きウィジェット(切り抜きのハンドル)が表示されるので、切り抜きたい領域を指定する

  3. コントロールパネルの[適用]ボタンをクリック(または、 enterキーを押す)

  4. アラートが表示されるのでクリックする

リンク画像は、埋め込まれますが、元のファイルが消えるわけではありません。

セミナーでアピアランスについてご紹介する際、アピアランスはグラフィックスタイルに登録して使うことで、その価値を発揮します、とお伝えしていますが、最近、立て続けに、次の質問をいただきました。

Illustratorのグラフィックスタイルが便利なことはわかりました。しかし、新規ドキュメントを作成すると、またリセットされてしまいます。作成したグラフィックスタイルを再利用するには、どのようにすればいいですか?

素晴らしい質問です。グラフィックスタイルを再利用するには、次の方法があります。

  • コピー&ペースト
  • その他のライブラリ
  • グラフィックスタイルライブラリ
  • ドキュメントプロファイル

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)が4刷になりました。これを記念して、第1章「直しに強い データの作りかた (アピアランス編)」を無料公開します。

終了しました。

四刷から、帯が変更になりました。

チラシをはじめとするプリントメディア用のデジタルデータが最初にありきで、その後、Web用のデータをPhotoshopで起こす、というケースについて考えてみました。

おさえておきたい基本(と前提条件)

  • プリントメディア用のデータはCMYK、Web用はRGB。画像はRGBのまま活用するとしても、スウォッチなどのカラーは変更する必要がある
  • Photoshopでゼロから作り直すのはナンセンス。スタイルなどを作り込んでいても、Illustratorのデータを使い回さないのはもったいない

Illustratorデータ(パーツ単位)をPhotoshopで使う方法

Illustratorファイル内から部分的に使う場合には、次の方法があります。

  • [A]スマートオブジェクトとして配置
  • [B]CCライブラリ経由で共有する
  • [C]IllustratorからPSDとして書き出す

それぞれについて解説します。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、305ページ分の原稿を作成したのですが、最終的に256ページで出版しました。よって、49ページのアウトテイク(=落とした原稿)があります。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)、2011年と合わせて、Amazonでのレビューが100件を超えました。そのお礼を兼ねて、アウトテイクから「1分で作るカレンダー」(PDF、6ページ)を無料公開します。

Pay with a Tweet」にて、ツイートかFacebookでの投稿で入手いただけます。

サンプル

次のようなパーツの制作方法について考えてみます。

アピアランスを使わない場合

アピアランスを使わない場合には、4つのパーツで作成します。

  • 青い四角形
  • 白い角丸四角形
  • テキスト「管理番号」
  • テキスト「A12345」

「A12345」は、番号が変わったり、また、増減する可能性がありますが、その度、四角形の大きさ、および、それを包含する青い四角形にも影響します。

「Illustratorで数百枚の写真の角を一括で丸くしたい」という質問をいただきました。

最適なアプリケーションはInDesign

Illustratorで数百枚の写真を配置するのは、現実的ではありません。最近のIllustratorではようやく[配置]時に複数のファイルを選択できるようになったものの、配置後に揃える作業などが手間です(スクリプトを使うなどの回避方法を取るしかありません)。そして、(リンクで扱っても)何より重くなる。

このような作業を行うのに最適なのはInDesignです。次のような手順で行えばかなり短時間で行えます。

  1. 画像ファイルを配置(配置時に矢印キーを押してコンタクトシートとして配置
  2. [フレームを内容に合わせる]を実行(または[フレームに均等に流し込む])
  3. [角オプション]で角丸を設定

Illustratorの[パスファインダー]パネルの上の段は、単純に図形の足し算、引き算的なものですが、ちょっとややこしいのが下の段。

でも、使いところがハマると、とても活用しがいがあります。

たとえば、[モザイクオブジェクトを作成]を実行したあと、同じカラーのオブジェクトを合体する場合、[合体]を実行する前に事前に同じカラーのオブジェクトを選択しておく必要がありますが、[合流]を使えば、(面倒な)選択する作業をスキップできます。

ピンポイントなニーズだと思いますが、次のような座席表(設営プラン)を作成することがあります。

  • 全部が「3人がけ」、全部が「2人がけ」でなく、混じることがある
  • 最前列の左右には机をおかないなど、変則的な箇所がある

このようなとき、アピアランス([変形]効果)とシンボルの合わせワザが最適です。

Illustratorのパターンの扱いは、Illustrator CS6以降、劇的に改善されています。しかし、従来からある機能の組み合わせによる、デフォルトのパターンスウォッチの応用についてご紹介します。

2015年7月22日(水)19:00-20:45、ベルサール神保町で第168回 バンフーセミナーが開催され、「Illustratorアピアランス道 2015」セッションを鷹野 雅弘(スイッチ)が担当しました。

話題に出たチュートリアルマニアックスさんのIllustrator日本語英語対訳表はこちら。

2015年6月に開催されている「ゼロックス Creative Festa」(主催:富士ゼロックス東京)にて、「Illustratorアピアランス道 2015 (+CC最新動向)」セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

今回の内容は、『10倍ラクするIllustrator仕事術』の第1章から抜粋しました。

スライドやデモデータのダウンロードを希望される方は、お手数ですがアンケートにご回答ください(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。回答期限は、6月16日17時です。

参照リンク

割付指示(やWeb制作でのワイヤーフレーム)で図版が入る領域にバツ印(や斜線)を付けることががあります。

Illustratorのアピアランスを使って実現し、グラフィックスタイルに登録しておくと1クリックで適用できます。

(2000年にリリースされた)Illustrator 9.0以降、次の機能が追加されました。これらをまとめて「アピアランス」と呼んだり、または「透明」と呼びます。

  • オブジェクトを半透明に扱う(不透明度)
  • オブジェクト同士の演算(描画モード)
  • フィルターの仮適用(効果)
  • 複数の塗り、複数の線

Illustrator 8.0までは、この「透明」という概念がないため、上記の機能を使ったものは、Illustrator 8.0までを対象としたRIP(出力機)では対応していません。

そこで、出力(場所)によっては、次の作業を行うことによって、Illustrator 8.0と同様にデータに修正します。

  • 分割・統合([オブジェクト]メニューの[分割・統合])
  • アピアランスの分割([オブジェクト]メニューの[アピアランスの分割])
  • 透明の分割・統合([オブジェクト]メニューの[透明部分を分割・統合])
  • ラスタライズ([オブジェクト]メニューの[ラスタライズ])

ただし、これを行うと、新しいバージョンで継続して編集できませんので、別ファイルとして作業を行うようにしましょう。

MdNから『Illustratorプロフェッショナルの教科書 デザイン作成とパス・文字を正しく扱う技術』が発売になりました。

著者は高橋としゆきさん。

初心者が特につまづきやすいところ(ベジェ曲線やアピアランスなど)は、特にページ数を割いて詳しく解説しています

とのことです。作例のテイストがよく、またこなれているので、高橋さんの書籍には定評があります。

これからIllustratorを勉強される方は、1冊目に『Illustratorプロフェッショナルの教科書』、2冊目に『10倍ラクするIllustrator仕事術』をオススメします。

2014年の後半には、『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアーの一環で、全国各地(広島、新潟、高知、愛媛、高松、徳島、仙台、名古屋、大阪、神戸、岡山、栃木、青森)で15回のセミナーを行いました。

ここで感じたのが、アピアランスへの意識で大きく分断されていることです。フチ文字や自動でのボックス/枠などの基本から、アピアランスの応用は進化しています(括弧内は『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)の該当ページ)。

アピアランス??という方は、2013年6月に開催されたdot-ai, Vol.1「超絶アピアランス祭り」の『アピアランスとグラフィックスタイル、総復習』セッションのビデオが公開されていますので、冬休みにぜひご覧ください(講師は、鷹野 雅弘/スイッチ、DTP Transit、石嶋未来/ウープスデザイン)。

Illustrator CC(2014.1)から「エリア内文字の自動サイズ調整」という機能が付加されました。バウンディングボックスの下に新しく付いたUIをダブルクリックすることで縦方向の自動伸縮が可能になります。

自動で伸縮するポストイット風メモを作成する

これまでは[形状に変換]効果を使って、自動で伸縮するポストイット風メモを実現しました。

「エリア内文字の自動サイズ調整」と、[エリア内文字オプション]を組み合わせると、アピアランスを使わずに実現できます。

上辺の2つの角のみが角丸になっているタブ形状の図形を作成するには、いくつかのアプローチがありますが、大きさを変更するときに、角丸部分(1/4円)の形状が歪んでしまったり、半径が変わってしまうと困ります。

Illustrator CC 2014で実装された[長方形の角を拡大・縮小]オプションが地味ながら重要だという話です。

9スライス

Illustrator CS5以降であれば、シンボルオプションの9スライスを有効にすることで、直しに強いタブ形状になります。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る