DTP Transitでタグ「インライングラフィック」が付けられているもの

InDesignでインライングラフィック(アンカー付きオブジェクト)の前後にアキを入れたい場合、それぞれに箇所にカーソルをおいて、手動カーニングする作業は面倒です。

2014年7月23日、ベルサール神保町で第158回バンフーセミナーが開催され、「IllustratorユーザーのためのInDesign入門 2014」セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

暑い中、ご参加ありがとうございました。

vanfu158-pic.jpg

UIが似ているため、とっつきやすいかと思いきや、逆にIllustratorを知っているからこそ、戸惑うことが多いInDesign。さらに、同じ設定でも挙動が異なるなどトリッキーです。今回のセッションでは「なんとなくInDesign を避けてきてしまった方」、「これからInDesignをさわっていく方」向けに、導入となる内容を少しゆっくりめに進めます。

「INDD 2014」+「dot-Ai 2014」

ご参加いただいた方は、ぜひ、アンケートへの回答をお願いします(デモデータなどをお送りします)。アンケートの回答期限は、7月30日の11時です(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。

次のブログで取り上げていただきました。ありがとうございます。

「INDD + dot-Ai 2014」というセミナーイベントが2014年10月18日に開催されます。IllustratorやInDesignの文字や組版について、さらに学んでみたい方にオススメです。

従来、インライングラフィックを挿入するには、次のような手順を踏みました(現状でも可能)。

  1. 挿入したい画像のフレームを選択して、カット
  2. [文字ツール]を選択し、挿入したい箇所にカーソルを移動する
  3. ペースト

InDesign CS5.5は、 挿入したい画像のフレームの右上の青い■を、shiftキーを押しながら挿入したい箇所にドラッグ&ドロップするだけです。

この方法は、shiftキーを押さなければ、単なるアンカー付きオブジェクトになります。

インライングラフィック? アンカー付きオブジェクト?

アドビのヘルプには、次のような記述があります。

InDesign の以前のバージョンでは、このタイプのオブジェクトはインライングラフィックと呼ばれていました。

現在は、「インライングラフィック」と呼ばず、「アンカー付きオブジェクト」と呼ぶようです。

次のようなデザイン指示がありました。

作り方を見てみると、数字部分は別途テキストフレームで作成されていました。

これはこれでよいのですが、テキスト原稿にも「Step 1」、「Step 2」のような文字列があるため、別のテキストフレームとして扱わない方が面倒が減ります。

2012年9月13日、ザ・ ドキュメントガーデン(神保町)で開催されたFBMフェア(主催:エフ・ビー・エム株式会社)にて「InDesign使いこなしテクニック」セミナーを鷹野雅弘が担当しました。

レジュメ

次のようなことを扱いました。

最初につまづく3つのポイント

  • トリッキーな新規ドキュメント作成
  • クリックしても文字入力はできない!?
  • テキスト編集時はoptionキー、それ以外はスペースバー、"大は小を兼ねる"には?

2012年9月5日、Document CORE Osakaで開催されたFUJI XEROX DTP CIRCLE 2012にて「IllustratorユーザーのためのInDesign」セミナーを鷹野雅弘が担当しました。

今回のテーマは「IllustratorユーザーのためのInDesign」。100名のキャパのところ、150を超えるお申し込みがあったそうです。別室にて中継する予定だったのですが、トラブルがあり、同室にて椅子を詰め込んだため、少し窮屈だったと思います。お疲れ様でした。

レジュメ

次のようなことを扱いました。

最初につまづく3つのポイント

  • トリッキーな新規ドキュメント作成
  • クリックしても文字入力はできない!?
  • テキスト編集時はoptionキー、それ以外はスペースバー、"大は小を兼ねる"には?

こちらの記事(InDesignのアドバンテージ(なぜ、IllustratorでなくInDesign?))を表にしてみました。

こうしてみると、InDesignってかわいがられすぎですよね...

分野機能名IllustratorInDesign
8.010.0CS-CS5
リフロー対応ルビ(ふりがな)、圏点NONONO
インライングラフィック(文章中に挿入する画像)NONONO
段落境界線(段落前後に設定する罫線)NONONO
文字組み関連異体字切替NONO
合成フォントNONO
アピアランスを使わずに実現できるフチ文字NONONO
二重、三重のフチ文字NONO
自動カーニングNONO
自動縦中横NONONO
文字組みアキ量設定NONO
スタイル段落スタイル、文字スタイルNONO
次のスタイルNONONO
先頭文字スタイル(文字スタイル適用の条件設定)NONONO
正規表現スタイルNONONO-
使い回しグラフィックスタイルNONO
 シンボルNONO
 スニペットNONONO
表組みヘッダ行、フッタ行NONONO
塗りのスタイル(1行おき)NONONO
表スタイル、セルスタイルNONONO-
ページものマスターページ機能NONONO
自動ページ番号NONONO
セクションマーカー(章ごとの「柱」の設定)NONONO
ブックNONONO
目次と索引NONONO
出力関連プリフライト(出力前のチェック)NONONO
パッケージ(画像やフォントの収集)NONONO
PDF書き出し NONO-
画像まわりドラッグ&ドロップによる配置(Finder/Bridge)NONO
画像のエッジの自動検出NONONO
PSDファイルのサポートNONO
その他ファイルの復元機能(Save for crash)NONONO
 アクションNO
 JavaScript  

先日、次のようなご質問をいただきました。

イラレで作成したデータを印刷したときに「ルビがずれてしまった」という問題が発生しました。
原因は、文章の訂正により行が増えてルビがずれていたのですが、訂正個所より離れていたために気付かなかったということでした。 文章物ならインデザインで作成するのですが、デザイン性の高い物はイラレで作成します。 どのように作るのがベストなのか、或いは、ソフト自体の改良はないものでしょうか?

こちらへの回答をご参考までに。

icn_Adobe_InDesign_CS4_128.png

たった1ページのドキュメントでも、たくさんの文字量があったり、段落スタイルを多用すると、Illustratorでは絶望的に重くなることがあります。Illustratorでとても大きいドキュメントを用意し、そこに複数ページ作る「強者」(つわもの)の方もいますが、ファイルサイズが大きくなるだけでなく、スクロールなどが遅くなるため、あまりオススメできません。

機能として文字組みの機能はありますが、Illustratorはパーツを作る位置づけのアプリケーションです。ある程度の文字量や複数ページで構成される「ページもの」の場合には、「InDesign」の使用を視野に入れるとよいでしょう。

単純な文字組みだけを考えても、InDesignには次のようなアドバンテージがあります。

  • ルビ(ふりがな)
  • 段落境界線(段落前後に設定する罫線)
  • 先頭文字スタイル(文字スタイル適用の条件設定)
  • アピアランスを使わずに実現できるフチ文字
  • インライングラフィック(文章中に挿入する画像)
  • 表組み

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る