DTP Transitでタグ「クリッピングマスク」が付けられているもの

本日(2017年4月6日)リリースされたIllustrator CC 2017(21.1.0)で「画像の切り抜き」機能が追加されました。

配置画像をリンクのままにしておくDTPユーザー向けでなく、納品用など、画像を「埋め込み」処理するフローに向いています。

流れ

  1. 画像を選択し、コントロールパネルの[画像の切り抜き]ボタンをクリックする

    または、[オブジェクト]メニューの[画像の切り抜き]をクリック

  2. 切り抜きウィジェット(切り抜きのハンドル)が表示されるので、切り抜きたい領域を指定する

  3. コントロールパネルの[適用]ボタンをクリック(または、 enterキーを押す)

  4. アラートが表示されるのでクリックする

リンク画像は、埋め込まれますが、元のファイルが消えるわけではありません。

改めて、Illustratorで困っていることなどをまとめてみました。

本当に深刻なもの

これを「仕様」と言われたら発狂する。

  • グローバルカラーを含むオブジェクトに対してライブカラーを実行すると、グローバルカラーのリンクが切れてしまう(グローバルカラーが更新されるべき)

InDesignには「プレビュー」という機能があり、キーボードショートカットひとつで「仕上がりサイズのみ表示しつつ、ガイドは非表示にする」ことができます。

裁ち落としまでオブジェクトを広げている場合、印象が異なりますので、仕上がりサイズのみの表示は必要です。

Illustratorでも同様のことを実現する方法について考えてみます。

Illustratorで配置画像にマスクをかけるには、配置画像とマスクしたいオブジェクトを選択し、クリッピングマスクを設定します。

「先割りレイアウト」など、すでに配置したいオブジェクトがある場合には、クリッピングマスクを正攻法で使うのは遠回りです。

次の手順で、InDesignでフレーム内に配置するように、Illustratorでもオブジェクト内に画像を配置することができます。

簡素化した手順

  1. 配置したいオブジェクトを選択し、shift+Dを2回押すと、オブジェクトの四隅に破線のカギ括弧が表示される

  2. [ファイル]メニューの[配置]を使って画像を配置し、大きさや位置を調整する。

  3. 余白でダブルクリックして、編集を終了する

2016年9月2日(金)、東京ビッグサイトでAdobe MAX Japan 2016が開催されました。

鷹野 雅弘(スイッチ)が「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識 あ、それ、今のIllustratorならこうします!」セッションを担当しました。

「Illustratorで数百枚の写真の角を一括で丸くしたい」という質問をいただきました。

最適なアプリケーションはInDesign

Illustratorで数百枚の写真を配置するのは、現実的ではありません。最近のIllustratorではようやく[配置]時に複数のファイルを選択できるようになったものの、配置後に揃える作業などが手間です(スクリプトを使うなどの回避方法を取るしかありません)。そして、(リンクで扱っても)何より重くなる。

このような作業を行うのに最適なのはInDesignです。次のような手順で行えばかなり短時間で行えます。

  1. 画像ファイルを配置(配置時に矢印キーを押してコンタクトシートとして配置
  2. [フレームを内容に合わせる]を実行(または[フレームに均等に流し込む])
  3. [角オプション]で角丸を設定

eef7ee41-4027-4177-a1dc-eb3fce83ecd0.png

Illustrator CC/CC 2014では、Layer Exporterを使うことで、スライスを行わずに、SVG/PNG/JPEG書き出しを行うことができます。

スライスの難点

主にWeb向けの制作フローでは、画面全体から“切り出す”領域を指定し、ファイル形式やスライス名を設定する「スライス」という作業を行ってきました。このスライスには、次のような難点がありました。

  • スライス作業そのものが面倒
  • スライスを重ねることができない
  • 背景を透過したい場合、一時的に背景のオブジェクトを隠す必要がある

Layer Exporterでできること

  • レイヤーやグループ化されたオブジェクトに拡張子を付ける(消す)
  • 複数レイヤーをひとつに統合する
  • グループ化されたオブジェクトごとに異なるレイヤーに分配する
  • 拡張子がついているレイヤー(オブジェクト)ごとにSVG/PNG/JPEGで書き出しを実行する
  • CSS書き出し

2014年7月23日、ベルサール神保町で第158回バンフーセミナーが開催され、「IllustratorユーザーのためのInDesign入門 2014」セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

暑い中、ご参加ありがとうございました。

vanfu158-pic.jpg

UIが似ているため、とっつきやすいかと思いきや、逆にIllustratorを知っているからこそ、戸惑うことが多いInDesign。さらに、同じ設定でも挙動が異なるなどトリッキーです。今回のセッションでは「なんとなくInDesign を避けてきてしまった方」、「これからInDesignをさわっていく方」向けに、導入となる内容を少しゆっくりめに進めます。

「INDD 2014」+「dot-Ai 2014」

ご参加いただいた方は、ぜひ、アンケートへの回答をお願いします(デモデータなどをお送りします)。アンケートの回答期限は、7月30日の11時です(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。

次のブログで取り上げていただきました。ありがとうございます。

「INDD + dot-Ai 2014」というセミナーイベントが2014年10月18日に開催されます。IllustratorやInDesignの文字や組版について、さらに学んでみたい方にオススメです。

Illustratorの[選択]メニューって、なんか面倒でいいや、って思ってしまいがちですが、ちゃんと使うと作業効率めちゃくちゃ上がりそうなものが隠れています。

 CCCS6CS5CS4CS3
メニューサブメニュー
すべてを選択
作業アートボードのすべてを選択
選択を解除
再選択
選択範囲を反転
前面のオブジェクト
背面のオブジェクト
共通 アピアランス
アピアランス属性
描画モード
塗りと線
カラー(塗り)
不透明度
カラー(線)
線幅
グラフィックスタイル
(スタイル)
シンボルインスタンス
一連のリンクブロック
オブジェクト 同一レイヤー上のすべて
方向線のハンドル
ピクセルグリッドに未整合
絵筆ブラシストローク
ブラシストローク
クリッピングマスク
余分なポイント
すべてのテキストオブジェクト
テキストオブジェクト
ポイント文字オブジェクト
エリア内文字オブジェクト
Flash動的テキスト
Flashテキスト入力
選択範囲を保存
選択範囲を編集

2011年10月8日、エッサム神田ホール 2階多目的ホールで開催されたDTPの勉強会第4回に参加してきました。今回はIllustrator特集。

イラレラボのカワココさんスペシャル(3時間)とあかつきおばなさんの「Illustratorのテキスト処理を効率化できる(かもしれない)Tips」の2本立て+m_nonさんのPhotoshopブラシに関するショートセッション。

日々使っている作業でも、他の人が操作するのを見ることで得られる発見は少なくないですし、試行錯誤の上で得たロジックを共有できるのは財産です。都合がつく限り、毎回参加されることをオススメします。

カワココさんの手元が、同時に映し出されるちょっと贅沢な環境でした。

dtp-tokyo-6.JPG

あかつきさんのセッションでは、クリッピングマスクを使用している場合に、クリッピングマスクとマスク(されている)オブジェクトを切り替えるメニューコマンドに、キーボードショートカットを割り当てるテクニックなどを紹介されていました。

AICS-select-mask-21.jpg

次のように、クリッピングマスクされた図形がある場合のアートボードの扱いについてです。

Mask-Artboard-01-2.jpg

何も選択しない状態で[オブジェクト]メニューの[アートボード]→[オブジェクト全体に合わせる]をクリックすると、アートボードのサイズは、マスクオブジェクトでなく、マスクされる前のビットマップ画像の大きさになります。

Mask-Artboard-03.jpg

Mask-Artboard-04.jpg

一方、オブジェクトを選択している状態で[オブジェクト]メニューの[アートボード]→[オブジェクト全体に合わせる]をクリックすると、アートボードのサイズは、マスクオブジェクトになります。

Mask-Artboard-05.jpg

[オブジェクト全体に合わせる]でなく、[選択オブジェクトに合わせる]を選んでも同様の結果になります。

Mask-Artboard-06.jpg

本日開催されたDTP Boosterこおりやまにていただいたご質問です。

Illustratorで複数のオブジェクトを選択し、[オブジェクト]メニューの[クリッピングマスク]→[作成]をクリック(command+7)すると、最前面のオブジェクトの形状部分のみが表示されるようになります。

最前面のオブジェクトのオブジェクトの塗り・線の情報は「なし」として扱われるので、事前にカラー設定を行う必要がありません。

clippingmask.gif

Illustrator CS3までは、背面のアートワークとマスクオブジェクトを使ってクリッピングマスクを設定した場合、次のように背面のアートワークのバウンディングボックスの領域が表示されました。

mask_cs3.jpg

このため、連続したサムネール画像が並ぶ場合などに、ごちゃごちゃして作業しにくかったものです。

Illustratorには「クリッピングマスク」と「不透明マスク」の2つのマスクがあります。

opacitymask_fin.png

イラスト協力:宇佐美由里子(Indexdesign)

Illustrator(イラストレーター)入門というサイトで紹介されているIllustrator(イラストレーター)でクリッピングマスクと複合パス で紹介されているクリッピングマスクと複合パスの合わせ技が秀逸です。

ほかにも役立つエントリーがたくさんあります。

数字キーを使うIllustratorのキーボードショートカットを順番に整理してみました。

  • command+1:100%表示
  • command+2:選択しているオブジェクトをロック
  • command+3:選択しているオブジェクトを隠す
  • command+4:パスファインダの再実行
  • command+5:選択しているオブジェクトをガイドに変換
  • command+6:再選択
  • command+7:クリッピングマスクを作成
  • command+8:複合パスを作成
  • command+9:(なし)

Illustrator CS3はライブカラーが目立ちすぎてしまい、ほかの新機能が地味な印象があるかもしれません。数回にわたって、Illustrator CS3で新しく追加を紹介します。

従来、Illustratorでマスクを作成する場合には、マスクの対象となるオブジェクト(たとえばビットマップ画像)と、マスクを行うオブジェクトを用意し、[オブジェクト]メニューの[クリッピングマスク]→[作成]を選択する、という手順を取りました。

Illustrator CS3では、ビットマップ画像を配置後、コントロールパレットに表示される[マスク]ボタンをクリックします。

aics3_mask.png



Illustratorでは、線に幅と色を設定すると、描画したパスを中心に外側と内側にそれぞれ均等に広がります。つまり10ptの幅を設定した場合には、外側に5pt、内側に5ptの線幅がつきます。

外側にのみ線幅を出したい場合は、「アピアランス」パレットを使用し、塗り部分を線の前面に出せばOKですが、内側のみという設定はありません。

質問の内容は、例えば底辺3cmの三角形2つをスナップさせて(アンカーポイント同士を重ねて)配置すると、困る点が2つあるというものです。ひとつは、2つの図形が重なっている部分に角を出すことができない。もうひとつは、線幅が外側に付くことによって、実際に描画したパスの底辺3cmよりも大きくなってしまうということでした。

line01.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る