DTP Transitでタグ「シンボル」が付けられているもの

2017年3月23日(木)、ベルサール神保町で第184回 バンフーセミナーが開催され、『Illustrator徹底攻略(シンボル、ライブカラー編)』をテーマに、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演しました。

シンボルはIllustrator 10、ライブカラーはIllustrator CS3から搭載されています。どちらも使い込んでいる人が少ないようですが、Illustratorの制作において不可欠なものです。今回は、2つのテーマについて、使いどころやメリット、現場での使いこなしなど、じっくり掘り下げます。

今回は、Adobe Creative Stationで連載中の記事のライブ版的な位置づけでした。

Illustrator CC 2017対応の改訂版を準備中ですが、全ページ差し替え予定ですので、ぜひ、『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)をご一読ください。特にアピアランスまわりは、おさえておきたいノウハウです。

アンケート回答のお願い

ご参加いただいた方は、ぜひ、アンケートへの回答をお願いします(デモデータなどをお送りします)。

アンケートの回答期限は、1月30日17時です(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。

2017年3月23日(木)、ベルサール神保町で第184回バンフーセミナーが開催されます。

今回のテーマは、「Illustrator徹底攻略(シンボル、ライブカラー編)」、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演します。

シンボルはIllustrator 10、ライブカラーはIllustrator CS3から搭載されています。どちらも使い込んでいる人が少ないようですが、Illustratorの制作において不可欠なものです。今回は、2つのテーマについて、使いどころやメリット、現場での使いこなしなど、じっくり掘り下げます。

Adobe Creative Stationで連載中の記事のライブ版的な位置づけです。

Illustratorの設定ファイルは、次の3箇所に分散されています。

  • /Applications/
    /Applications/Adobe Illustrator CC 2015.3/Presets/ja_JP
  • ~Library/
    /Users/(username)/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 20/ja_JP
  • ~/Library/Preferences
    /Users/(username)/Library/Preferences/Adobe Illustrator 20 Settings/ja_JP

きちんとバックアップしておけば、環境復元をスピーディに行えます。後述するシンボリックリンクを使って、作業を進めながら、バックアップを更新していくのが望ましいでしょう。

それぞれの箇所に含まれる設定

それぞれには、次のように格納されています。

/Applications/~Library/~/Library/Preferences
Web 用に保存
アクション
キーボードショートカット
グラフィックスタイル
シンボル
スウォッチ
スクリプト
ブラシ
ワークスペース
ドキュメントプロファイル
禁則処理
合成フォント
文字組み
環境設定
カラー設定
DataRecovery

2016年9月2日(金)、東京ビッグサイトでAdobe MAX Japan 2016が開催されました。

鷹野 雅弘(スイッチ)が「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識 あ、それ、今のIllustratorならこうします!」セッションを担当しました。

Illustratorの[キーボードショートカット]ダイアログボックスの[メニューコマンド]カテゴリの下の方に[その他の〜]というセクションがあります。

メニューバーからは操作できないパネルメニューのコマンドなどがあります。

  • その他の選択
  • その他のテキスト
  • その他のオブジェクト
  • その他のパネル
  • その他

2016年2月4日(木)、サンシャインシティコンベンションセンターで開催されているpage2016のクリエイティブゾーンセミナーにて、『Illustratorのシンボル機能を使い尽くす 2016』セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

アートワーク内に複数回出現するロゴマークなど、シンボルを使うことでファイル容量は軽く、また、直しに強いデータになります。しかし、シンボルのパワーはこれだけではありません。
Illustratorのシンボル機能が搭載されたのは2002年のバージョン10。14年たって、Illustrator CC 2015.2(19.2)では「ダイナミックシンボル」という機能強化も行われました。
シンボルだけで50分。使い尽くすためのヒントやTipsをたっぷりとご紹介します。

2015年11月11日にミッドタウン東京で開催された Best of MAXに鷹野 雅弘(スイッチ)が出演し、「ベテランほど知らずに損してる IllustratorとPhotoshopの新常識(CCライブラリ編)」セッションを担当しました。

スライド

スライドを貼っておきますが、これだけとわからないと思います。追って、Adobe Creative Stationの ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識に記事として挙げる予定なのましたで、ぜひ、そちらをご覧ください。

##追記(2015年11月24日): アーカイブ(動画)が公開されました。

追記(2015年11月25日):

Adobe Creative Stationの連載『ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識』の最新記事「(特別編)データの使い回しとCCライブラリ」が公開されました。

セミナー情報

11月14日埼玉第3回 さいたまデザインDTP勉強会
「イラレ大作戦 featuring 10倍ラクするIllustrator仕事術」
11月17日茨城Illustrator & Photoshopセミナー
11月18日千葉Illustrator & Photoshopセミナー
11月21日高知CSS Nite in TOSA, Vol.3「作業効率を上げるためのWebデザイン実践」
11月27日岐阜Illustrator & Photoshopセミナー
11月29日都内『10倍ラクするIllustrator仕事術』
全都道府県縦断セミナーツアーFINAL
12月26日都内Shift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite)

ピンポイントなニーズだと思いますが、次のような座席表(設営プラン)を作成することがあります。

  • 全部が「3人がけ」、全部が「2人がけ」でなく、混じることがある
  • 最前列の左右には机をおかないなど、変則的な箇所がある

このようなとき、アピアランス([変形]効果)とシンボルの合わせワザが最適です。

Creative Cloud 2015 Updateから、Creative Cloudライブラリに大きな変化がありました。

CC 2014で導入されたCreative Cloudライブラリは、その時点では“使い捨て”的な共有しかできませんでしたが、CC 2015からグラフィックの「リンク配置」ができるようになったのです。これはワークフローを大きく変えるブレイクスルーになるでしょう。

たとえば、Illustratorでは、「リンク配置」を使うことで、複数ドキュメント間でのアートワークの共有を“シンボル”のように共有できるようになります。

2015年7月22日(水)19:00-20:45、ベルサール神保町で第168回 バンフーセミナーが開催され、「Illustratorアピアランス道 2015」セッションを鷹野 雅弘(スイッチ)が担当しました。

話題に出たチュートリアルマニアックスさんのIllustrator日本語英語対訳表はこちら。

「プレゼンスライドをIllustratorを作っている」という方に、いろいろ質問をいただいたので、 まとめてみました。

Illustratorのアドバンテージ

  • 合成フォントや自動カーニングを使える(InDesignも同様)
  • ベクトル形式の素材が多い場合には、コピー&ペーストなどで配置できるだけでなく、直接編集できる

スタート

[新規ドキュメント]ダイアログボックスで、作成したいページ数を[アートボードの数]に入力し、ページサイズなどを指定します。

このとき、覚えておきたいキーボードショートカットは、command+option+0(すべてのアートボードを全体表示)です。

正しいアプリケーションを使う、というのもスキルの内なので、こういうものはページものは100%、InDesignで行うべきだと思いますが、大人の事情的にIllustratorでマスターページ的なものを実現するアプローチについてまとめてみました。

 一括更新
Illustratorテンプレート
[すべてのアートボードにペースト]
(アートボードに)シンボル
(アートボードに)AI-AIリンク

Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CCから「設定を同期」は超便利です。でも、帯に短しというか、調べてみたら実装がバラバラすぎます。

とりあえず、Illustrator CCとInDesign CCに「合成フォント」の同期機能を付けて欲しい!さらに、IllustratorとInDesignで合成フォントを共有したい!!

IllustratorPhotoshopInDesign
環境設定
プリセット
スウォッチ
ブラシ
東アジア言語の設定
ワークスペース
キーボードショートカット
シンボル
グラフィックスタイル
(Photoshopでは「スタイル」)
カスタムシェイプ
ツールプリセット
アクション
パターン
グラデーション
輪郭
カスタマイズされたメニュー
PDFプリセット
字形
合成フォント

先日開催されたdot-ai, Vol.1「超絶アピアランス祭り」の樋口 泰行さんと大倉 壽子さんの「最近のIllustrator新機能の使いどころ」セッションにて、「Illustratorドキュメントに、Illustratorファイルを配置する」というワザが紹介されていました。

「いやいや、それは御法度でしょう」と思い込んでいたのですが、よくよく考えると、これを活用する機会は少なくありません。特に、シンボル機能をお使いの方は、うなづけるでしょう。

シンボル

ai-symbol.png

シンボルはドキュメント内で同じオブジェクトを繰り返し使用する際に便利な機能です(Illustrator 10から搭載)。

Adobe Illustrator 10 新機能活用 - シンボル機能から引用すると、

同じオブジェクトを繰り返し使用する際に便利な「シンボル」。マスターグラフィックを作成して、それをシンボルとして登録すれば、シンボルのエイリアス(インスタンス)はオリジナルを参照するので、そのオブジェクトを何度使用してもファイルサイズは小さく保たれます。また、複雑なデザインの更新も素早く簡単に作業できます。

整理すると、シンボル機能の利点は次の2点。

  • ファイルサイズを小さく保てる(何回使っても1つ分)
  • シンボルを更新すると、インスタンスが一括で更新される

2013年4月9日(火)20:00から「Adobe Design Magazine Channel」(Ustream)が行われました。

鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)が「ここ数バージョンのIllustratorで強化されながらも見過ごされている(であろう)機能、ベスト10」をテーマに出演しました。

ツイートは下記にまとめました。

デモデータ (『10倍ラクするIllustrator仕事術』のものです)

ご参考

##アーカイブ 録画されたデータが公開されています。


Video streaming by Ustream

AICS4-newlayer.png

たとえば、[レイヤー]パネルで[新規レイヤーを作成]アイコンをクリックすると、[レイヤーオプション]ダイアログボックスが表示され、レイヤーを入力してから作成、というワークフローになります。

これは、グラフィックスタイルや段落スタイルでも同様です。しかし、新規シンボル作成に関しては逆。このあたり統一して欲しいな、と思うのです。

ページものを作成するなら、迷わずInDesignを利用することをオススメしていますが、今、取りかかっている『Illustrator CS4 完全制覇パーフェクト』の作例でIllustrator CS4の複数ページを使ったページものの作成を行ってみました。

その際のメモです。

  • マスターページが使えないので、修正に対応できるようにするにはシンボルを使うとよいだろう。シンボルは入れ子にできる。
  • ノンブルはページごとに異なるもので、シンボルには入れない。
  • マージンガイド(オブジェクトをガイド化したもの)は、ロックをオフにしておいて、背景やノンブルなどのオブジェクトと一緒に流用していくとよいだろう。
  • [アートボード定規を表示]という機能はあるが、それを使ってオブジェクトの座標をコントロールできるわけではない。なお、従来の定規は左下が(0, 0)だが、アートボード定規は左上が(0, 0)。統一しようよ。
  • マスターページにあたるものを、シンボル、ガイド、その他のオブジェクト(仮のノンブル)などで作り込んだ後、[アートボードツール]を使って、アートボードをoption+ドラッグして複製。その場合、アートボードにあるオブジェクトは選んでおく必要はない。ロックされたレイヤー、ロックされたガイドは一緒にコピーされないので注意。

AICS4-multiple9.gif

先の伊藤さんの記事シンボルとインスタンスとテンプレートの、シンボルを使った名刺の多面付けについて補足します。

  • 作例として提示してあるようなデザインですと、カッティングによってエッジの部分に白地が出てしまう可能性があります。つまり、シンボルを使った場合、「塗り足し」への対応がちょっと面倒です。インクジェットを想定したものであろうと、塗り足しへの考慮は必要です。
  • 同じオフィス内で使い回す場合には、「肩書き、名前、メールアドレス」など、入れ替える必要があるものは文字玉(○○○)等にしておくとフールプルーフにつながります。つまり、修正モレを避けるためには完成品でない方が望ましいでしょう。

sinboruset.gif

Illustratorにおける「シンボル」の機能をたずねると「あのいっぱい増えるヤツね」と、返答するユーザーが多いのではないでしょうか?

シンボルとインスタンスの親子関係を機能として搭載したのは、Illustrator 10からです。

Illustrator 10からIllustrator CS3までの仕様では、シンボル系のツールを使用して、ドラッグ操作でランダムに増殖発生させるためにだけに、シンボルという機能があるように思われてしまうのではないかと感じていました。

一方で、Flashにはずっと以前からシンボルとインスタンスの親子関係があります。Flashでは、シンボルとインスタンスの親子関係なくして基本ムービーは成り立たちません(Flashにはドラッグ操作でインスタンスをランダムに増殖させるツールはありません)。

アドビシステムズとマクロメディアが統合し、共同で開発したIllustrator CS3から、ようやくシンボルとインスタンスの親子関係が、本来あるべき仕様になったといえるでしょう。

今回は、シンボルとインスタンス、そしてテンプレートによる作業の効率化について考えます。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る