DTP Transitでタグ「パスセグメント」が付けられているもの

Illustrator CC(17.1)で強化されたパスセグメントのリシェイプ機能。[アンカーポイントの切り替えツール]が[アンカーポイントツール]と名前を変えて、挙動が変わった。

たとえば、まず、こんな感じでペンツールでクリックして直線を描き、

あとからoptionキーを押しながら(=[アンカーポイントツール]に切り替え)直線をドラッグすれば、

openpath.png

Illustrator CS5の機能強化のひとつで、右図のようなオープンパスの連結を選択ツールのままでできるようになったんです!といろいろなところでご紹介していました。

ひとつのオープンパスの場合には、かなり前のバージョンのIllustrator(10までは確認済み)でできます。

Illustrator CS5では、2つのオープンパスの連結が可能になっています(キーボードショートカットは⌘+J/Joint)。

いろいろ検討したところ、次のような感じで、2つのパスの一番近いアンカーポイントが連結されるようです。意図通りに連結されない場合には、従来通り、ダイレクト選択ツールで、アンカーポイントを選択する必要があります。

openpath1.png

6月11日に出演させていただきました富士ゼロックス岡山主催 DTPセミナークロスメディア編にて、参加者の方からご指摘いただきました。お詫びと訂正まで。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る