DTP Transitでタグ「フォントワークス」が付けられているもの

グラフィック社から『定番フォント・ガイドブック』が8月8日に発売になりました(A5判/384ページ/2,700円(税抜))。

これは“買い”です。ここ数年、すごく書体が増えていますが、バランスよくカバーされています。和欧混植の見本がすさまじくてうなる。ここまでのものは、かつてなかったと思う。

開いたとき、すんなりペタっとなるのも使いやすい。でも、持ち歩くにはかさばるので、(俗悪なKindle版じゃなく)PDF版を直販して欲しい。

和文、欧文の定番フォント、和欧混植のフォントなど約 700 種類の定番フォ ントの組見本を収録したガイドブック。タイトル向けの大きいサイズ、本文 用の小さいサイズ、五十音、記号、アルファベットなどの組見本を掲載。 定番の和文フォントと組み合わせられる欧文フォントも紹介。和欧混植す るときの文字サイズやベースラインの調整値も掲載しています。 文字デザイン専門誌『Typography』の制作スタッフがフォントの選定や 執筆を担当し、スタンダードで安定感のあるフォントを 1 冊にまとめました。 いつも手元においておき、さっと調べたいときに便利なガイドブックです。

フォントワークスLETSに入会されている方は、「LETS Power Up Tool Kit」(PUTK)に収録されている「QRコード作成ツール」が使えます。

サイトのフォント情報に次の項目を追加して欲しいのです。フォントファイル名だけでも切実に。

  • ふりがな(フォントの読み方)
  • リリース年、バージョンヒストリー
  • フォントファイル名
  • フォントデザイナー名

数年前からずっと言い続けているのですが、まったくその兆候がないので改めて。

  • 読み方が記載されていれば、自信を持って読めます。探すのもラク。たとえば、A1明朝を「エーワン」って読む人が多いけど、「エーイチ」って読んでる人もいますけど…
  • フォントデザイナー名が記載されていると、そのからの興味が広がります(フォントワークスは実装済み)。誤って読まれることがなくない方がベンダーも嬉しいと思います。
  • リリース年が掲載されていると、調べものをするときに重宝しますし、バージョンアップされている場合には、その経緯や詳細へのリンクが欲しいです。

カタログ程度の情報でなく、“サイトならでは”の深い情報提供を望みます。

追記(2016年4月6日):

たまたまなのか、対応くださったのか、この記事の公開の翌日、モリサワのサイトに「読み方」が付きました。ありがたい!(例:A1明朝

LETS(フォントワークス)モリパス(MORISAWA PASSPORT)などの年間ライセンス形式で提供されているフォントを1書体だけ使うには?」という質問をいただきました。ちょうどpage2016の帰り際だったので、ブースに立ち寄って聞いてみました。

モリサワ

4つのSelect Packを用意しているそうです。

モリサワフォントのラインナップから、ライセンス数に応じて使いたい書体を必要なだけ自由にセレクトできるパッケージです。「Select Pack 1/3/5」はライセンス数に応じて和文ラインナップの中から、また、「Select Pack PLUS」は「かな書体」「欧文書体」「数字書体」「記号書体」の中から、インストール時に5ライセンス分のお好きな書体を選んでお使いいただけます。

資生堂の各種の広告やパッケージの文言に使われているフォントは「資生堂書体」と呼ばれるもので、社内デザイナーが手書きしている、というのは有名な話です。

ハナシ |5 こちら、銀座 資生堂 センデン部 | 資生堂から引用)

青森県立美術館でも同じようなアプローチが取られており、来館すると、受付近辺でよく作りかけのフォントを目にします。

LETS会員様向けにフォントワークス2014年の新書体が提供されました。

  • 筑紫Cオールド明朝 - R
  • 筑紫オールドゴシック - B
  • 花風テクノ - H
  • アーク - R
  • スキップ - L / M / D / E
  • テロップ明朝 - D / B / E / H

それにしても、書体見本はPDFだけでなく、画像でもあった方がいいと思うんですよね... と思ったら、各書体名をクリックすると、それぞれのページにジャンプできるみたい。気づかない人、少なくないと思う...

個人的には、スキップのファミリー化が嬉しいです。

フォントワークスへのお願い

  • インストーラーは(また)オンラインからダウンロードできるようにしてください。現行のMacには光学ドライブはついていません。
  • ライセンス証書とアップグレードキットは一緒に送ってください。
  • カタログとかDVDとか、制作物は一切いらないです。安くしなくてもいいので、何も送らないで欲しいです(全部捨ててしまうので)。特に日曜日からはじまるカレンダー。
  • ライセンス証書内のライセンスキーのフォント選択に失敗しています。このフォントでは「0」(ゼロ)か「O」(オー)かわからないです。0はスラッシュなどが入っているフォントにするべきです(ご参考:プログラミング用フォントをまとめてみました(Source Code Pro/Ricty/Consolasなどなど) | memobits)。

モリパス(モリサワパスポート)と並び、定額制のフォントライセンスサービスの先陣を切った「フォントワークスLETS」ですが、ちょっとやっかいななのが毎年ディスクが増えること。

年末近くに来ることが多いので後回しにしつつ、いざ、インストールしようと思うと「あのディスクがない」、「インストーラがない」など、途方に暮れてしまうことが多く、実際、ここ数年は、新書体のインストールすらしていない状況だったりします。

って、いうか、もう、最新のMacにはCDドライブ付いていないし...とか思いつつ、なにげなくドキュメントを読んでいたら、次のように書いてありました。

「LETS FontACEバージョン2.2」ではフォント管理機能はもちろん、インストーラとデータCDを使わずにフォントサーバからLETSフォントをインストールできるなど、大変便利な機能を備えています。

データCDを使わずにフォントサーバからLETSフォントをインストールできるって、すごい。超ウェルカムな流れです。

必要なものは次の4つ。

  • LETSインストーラCD
  • LETS Power Up Took Kit 2012 CD(LETS FontACEが入っている)
  • ライセンス証書
  • インターネットに接続できるPC環境

「LETSインストーラCD」は行方不明ですが、コピーしてあった「LETS Installer OTF.app」でOKでした。

上記の画面までは出たのですが、インストールできない... 左上のロゴの横の●がボタンではないのですかね...

フォントワークスからLETSの契約者向けに新書体が配布されました(昨日、本日あたりに届いているようです)。

  • 筑紫ゴシック-U
  • 大江戸勘亭流-E
  • ハミング-L/M/D/E
  • 角隷-L
  • ライラ-DB
  • ステッキ-B
  • ランパートTL-EB
  • シャドウTL-B

この中で特筆すべきはハミングのファミリー化です。

humming1.png

これまではBのみでしたが、L、M、D、Eが追加されています。

書体見本PDF

icn_LETS_FontACE_128.png

フォントワークスから『LETS Power Up Tool Kit 2009』が会員向けに提供されました(2GBのコンパクトなUSBメモリ付き)。目玉の一つが新しいフォント管理ツール「LETS FontACE」ですが、期待はずれとの声がチラホラ... 

私は、といえば、インストールするのに必要なLETSのインストーラCDが見つからず、また試していないのですが、このタイミングで出てくるのでこれ一色になっちゃうようなすごいのを出して欲しかったですね。

現状でのフォント管理ソリューションについてまとめてみました。機能とコストのバランスを考えると、Font Explorer X 1.2.3がベストではないかと考えています。

ツール名有償/無償用途など
Font BookMac OS Xに付属フォントを移動してしまうなど、
管理しにくい面も
Font Explorer X 1.2.3無料iTunesライクな操作感
Font Explorer X Pro有料(39ユーロ、5000円くらい)無料版で十分
Suitcase Fusion 2有料(13,440円)日本語化されている
LETS FontACE会員のみの提供

フォントワークス新書体「筑紫A丸ゴシック」が12月にリリースされるそうです。

筑紫A丸ゴシック-B

tsukuAmarugo_b.gif

上記を加えて8書体がリリース予定で、LETS会員には無償で提供されます。

フォントワークスからLETS会員向けに、2007年度 新書体・7書体およびAdobe Japan 1-5仕様の筑紫明朝6書体をリリース、配布を開始するとのアナウンスがありました。

  • 筑紫明朝-L/R/M/D/LB/RB〈Adobe Japan 1-5仕様〉
  • 筑紫明朝-B/E/H
  • 万葉行書-E
  • 万葉草書-E
  • ニューシネマA-D
  • ニューシネマB-D

ニューシネマ リリース記念対談「映画字幕書体を語る」という興味深いコンテンツも公開されています。

フォントワークスから、LETS登録ユーザー向けにLETS Power Up Took Kit 2007の無償提供がはじまりました。

「二分/三分/四分数字フォント」、「記号フォント」のほか、次のIllustrator用プラグイン(CS/CS2/CS3対応)が同梱されます。

  • 指定オブジェクト整列ツール「LETS DressRight」
  • 吹き出し作成ツール「LETS SpeechBalloon」
  • QRコード作成ツール「LETS QRCode」
  • JANコード作成ツール「LETS JANCode」

画像:吹き出し作成ツール「LETS SpeechBalloon」

フォントワークスから「フォントワークスフォントの今後の方向性」という案内が出されました。

今回のWindows Vista搭載フォントの規格変更による問題は、Windows間でもOSの違いにより【字形】が自動的に置き換わってしまうことです。これは単に、《JIS2004対応》のフォントをリリースするだけでは、この問題は解消されません。最近の「Adobe InDesign CS/CS2」と「OpenTypeフォント」による制作が主流となりつつある現在、フォントワークスではこのDTPワークフローに適した環境でのソリューションを提案することで、早期に【字形】変更の問題を解決できると考えます。そのソリューションとして『舞字形』を提案します。

  1. テキストデータ入稿前に確実に字形についての確認をとる
  2. InDesignでの組み版作業後に『舞字形』にて《JIS2004対応》字形への一括変換を行う

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る