DTP Transitでタグ「ライブカラー」が付けられているもの

2017年3月23日(木)、ベルサール神保町で第184回 バンフーセミナーが開催され、『Illustrator徹底攻略(シンボル、ライブカラー編)』をテーマに、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演しました。

シンボルはIllustrator 10、ライブカラーはIllustrator CS3から搭載されています。どちらも使い込んでいる人が少ないようですが、Illustratorの制作において不可欠なものです。今回は、2つのテーマについて、使いどころやメリット、現場での使いこなしなど、じっくり掘り下げます。

シンボルは16年前の2001年、ライブカラーは10年前の2007年からある機能。いずれも見落とされがちなものですが、どのような制作物をお作りの方でも不可欠なものでしょう。

2017年3月23日(木)、ベルサール神保町で第184回バンフーセミナーが開催されます。

今回のテーマは、「Illustrator徹底攻略(シンボル、ライブカラー編)」、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演します。

シンボルはIllustrator 10、ライブカラーはIllustrator CS3から搭載されています。どちらも使い込んでいる人が少ないようですが、Illustratorの制作において不可欠なものです。今回は、2つのテーマについて、使いどころやメリット、現場での使いこなしなど、じっくり掘り下げます。

Adobe Creative Stationで連載中の記事のライブ版的な位置づけです。

Adobe Creative Stationで鷹野 雅弘(スイッチ)が連載している「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」にて、ライブカラー編「すべてカラーリングは、ライブカラーにおまかせ」が公開されました。

記事の補足です。

  • 選択しているオブジェクトとカラー設定の箇所
  • スウォッチ x ライブカラー
  • ライブカラーの呼び出し
  • ホワイト/ブラックの保持
  • 減色でデュオトーンっぽく
  • DTP Transitでの過去記事

改めて、Illustratorで困っていることなどをまとめてみました。

本当に深刻なもの

これを「仕様」と言われたら発狂する。

  • グローバルカラーを含むオブジェクトに対してライブカラーを実行すると、グローバルカラーのリンクが切れてしまう(グローバルカラーが更新されるべき)

先日のAdobe MAX 2016. Day 1 Keynoteを観ていたところ、次のような画面がありました。

このグラフの表現、ちょっと目新しい感じですね。ということでIllustratorで実装する方法について考えてみました。

2015年1月28日にベルサール神保町で第162回 バンフーセミナーが開催され、「10倍ラクするIllustrator仕事術 2015」セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

本日の飛び入りスペシャルゲストは、チュートリアルマニアックスサキミタマさんでした。

ライブカラー、もとい、[オブジェクトを再配色]ダイアログボックスでは、「この色!」を指定するのがナニゲに面倒です。

スポイトツールは使えない

[オブジェクトを再配色]ダイアログボックスには、[スポイトツール]らしきアイコンがありますが、これはアートワークからカラーを拾うものではなく、オリジナルに戻すためのものです。

「選択したオブジェクトからカラーを取得」というツールチップが出ますので、拾えるのかな?と思ってしまいますが…

DTP Transitでも何度か取り上げているライブカラー(オブジェクトの再配色)。2007年リリースのCS3から搭載されているのですが、使っていない方は正直ソンしています。

ロゴなどのカラーバリエーションを作るときに利用するものとして紹介されることが多く、「自分には関係ない」と思い込んでしまうことがあると思いますが、地味ながら、おそらく誰もが活用できるライブカラーの使いどころをご紹介します。

たとえば、次のように塗り、線にそれぞれ同じカラーが設定されている場合、同時に選択すると、コントロールパネルやカラーパネルでは「?」と表示されてしまいますし、無理矢理スウォッチを適用しようとすると、意図しない塗り(線)が追加されてしまいます。

ライブカラー(オブジェクトを再配色)では、デフォルトで「黒」と「白」が対象外となっています。

「黒」と「白」を対象にするには、[オブジェクトを再配色]ダイアログボックスの[配色オプション]をクリックして、[保持]の[ブラック]([ホワイト])のチェックをはずします。

なお、[配色オプション]ダイアログボックス内にある[彩色方法]を「色調をスケール」から「変更しない」に変更すれば、意図せず、変更するカラーが薄まってしまうことがありません。

Illustratorには「ライブ××」というものがありますが、まとめてみました。

機能名機能どのバージョンから
ライブトレース(現在は画像トレース)ビットマップをパス化(Streamlineの焼き直し)CS2から
ライブペイントパスファインダーの複合シェイプのカラー版CS2から
ライブカラー(オブジェクトを再配色)オブジェクトを個別に選ばず、まとめて選んでカラーを編集できるCS3から
ライブコーナーパスの内側に表示される「コーナーウィジェット」ドラッグして角丸を設定CC(17.1)から
ライブシェイプ[変形]パネル内で、大きさや角丸、角の種類を(ひとつずつ)数値指定、回転の値を記憶し戻すこともCC2014から

2013年4月9日(火)20:00から「Adobe Design Magazine Channel」(Ustream)が行われました。

鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)が「ここ数バージョンのIllustratorで強化されながらも見過ごされている(であろう)機能、ベスト10」をテーマに出演しました。

ツイートは下記にまとめました。

デモデータ (『10倍ラクするIllustrator仕事術』のものです)

ご参考

##アーカイブ 録画されたデータが公開されています。


Video streaming by Ustream

icn_Adobe_Illustrator_CS6_128.png

かつて、DTP業界には"奇数バージョンのIllustratorは買うな(使うな)"という格言がありました。

ある意味、Illustratorは5.5(CSでなく、1994年発売のIllustrator 5.5)で完成しているといえますが、チャレンジングな改良を行うことでバギーだったりしたことを揶揄したものです。

  • Illustrator 7.0(RGBサポート)
  • Illustrator 9.0(透明・アピアランスのサポート)
  • Illustrator CS(テキストエンジンの刷新)

いうなれば、奇数バージョンで公開ベータテストを行い、次の偶数バージョンで安定、というサイクルを繰り返していたのです。

CS2以降、複数のアートボードという強化ポイントはあったにしろ、ずっと安定してきましたが、Illustrator CS6は、久しぶりの"奇数バージョン"といっても過言でない実装になっています(CS6=16.0なので、正確には偶数バージョンだということは理解しています...)。

Illustrator CS6での"退化"ポイント

UI変更に伴い、おそらく"実装を忘れてしまった"レベルで退化しています... 

どれも地味だけど、なくては困るものばかり。実装した人も、チェックした人もIllustratorを日々使っている人でないことが明らかなレベルです。

  • [文字]パネル内、command+クリックで値の初期化ができない
  • [行送り]のアイコンをダブルクリックしても、文字サイズが同じ値にならない
  • [プリント]ダイアログボックスを開いたとき、[部数]がハイライトしない(2回tabキーを押す必要がある)
  • インライン入力をオフにできない(Mac版のみ)([テキスト]環境設定の[ラテン文字以外にインライン入力を適用])
  • Illustrator CS6で文字入力中にスペースバーで[手のひらツール]に切り替えられない
  • [カラー]パネルの[C]や[M]、[線]パネルの[線分]、[間隔]などの項目名をクリックしても、対応する入力ボックスがハイライトしない
  • コントロールパネルのライブカラーアイコンにマウスオーバーしてもカラーにならない。また、指さしアイコンにならない(Illustrator CS5.5ツールパネルもマウスオーバーすると、ほんのりカラーが付いていました。グレースケール化は仕様のようです...)

なお、Illustrator CS6では、アーキテクチャ変更によって、これまでのプラグインがほぼ使えませんので、プラグイン頼りで仕事されている方は要注意です(追記:2012年12月「Xtream Path」がCS6対応になりました)。

ライブカラー(正式名称はオブジェクトを再配色)は、Illustrator CS3から搭載されているので、かれこれ5年近くになりますが、なぜか認知度が低いようです。

紹介の仕方のひとつとして「ライブカラーは、カラーバリエーションを作るのに便利」という切り口がありますが、それだけではありません。Illustratorでの着色(カラーリング)作業のワークフローを覆してしまうほど、ぶっとんでいるのがライブカラーです。

livecolor-CS5.jpg

従来のIllustratorでの着色(カラーリング)作業のワークフロー

あえて説明するまでもありませんが、Illustratorでの着色(カラーリング)作業は次のような流れで行います。

  1. オブジェクトを選択する
  2. カラーリングを行う
  3. 異なるオブジェクトを選択する
  4. カラーリングを行う

この際、ちょっと面倒なのが、

  • グループ化がかかっているとオブジェクトの選択が面倒
  • グラデーション内に同じカラーが使われていても、異なるインターフェイスでカラーリングを行わなければならない

本日(2011年2月2日)から4日まで池袋で開催される PAGE 2011にて、今年もデジタルワークフロー・ソリューションZONE(展示ホールD/文化会館2F)にて連日セミナーが開催されます(無料)。

次のようなラインアップです。う〜ん、毎日行きたい。

2月2日(水)2月3日(木)2月4日(金)
10:45〜11:35
Adobe Digital Publishing Suite紹介 Adobeが考える電子出版の今
アドビ システムズ(株) マーケティング本部 大倉壽子
 
11:50〜12:45InDesign&Illustrator
スタイル機能徹底攻略

InDesignの勉強部屋
森裕司
徹底解説!
EPUBフォーマットの
電子書籍を設計するための
5つのポイント

インストラクショナルデザイナー
/イーブック・ストラテジー主宰
境祐司
DTP作業を
楽にするスクリプト入門

(株)遊文舎
たけうちとおるの
スクリプトノート
竹内亨
13:00〜13:55組版/見て分かる新常識2
(有)トナン
大熊肇
目からウロコの
InDesign使いこなし術

凸版印刷(株)
情報コミュニケーション
事業本部
紺野慎一
InDesignから書き出される
EPUB徹底解説!

InDesignの勉強部屋
森裕司
14:10〜15:05イメージをかたちにする!
Photoshopでのレタッチワーク

GARABATO
北岡弘至
Illustratorライブ3兄弟
徹底攻略

(株)スイッチ
DTP Transit
鷹野雅弘
DTP制作者のための
EPUBのXHTML+CSS編集
― 基本からすぐに使える
テクニックまで ―

(株)スイッチ
DTP Transit
鷹野雅弘
15:20〜16:152011年電子出版最新動向
『eBookジャーナル』編集長
『+Designing』編集長
小木昌樹
これならできる!
費用対効果の高い
特殊印刷・加工

『デザインのひきだし』
編集長
津田淳子

制作者のための
出力できるPDF

大日本スクリーン製造(株)
松久剛

DTP Transitでは、次の2コマを担当いたします。

  • 2月3日 14:10-15:10:Illustratorライブ3兄弟徹底攻略
  • 2月4日 14:10-15:10:DTP制作者のためのEPUBのXHTML+CSS編集-- 基本からすぐに使えるテクニックまで --

なお、セミナーは無料ですが、PAGEには入場料が必要です。ただし、事前に登録すると、入場料1000円が無料になります

2011年2月2日から4日まで池袋で開催される PAGE 2011にて、今年もデジタルワークフロー・ソリューションZONE(展示ホールD/文化会館2F)にて連日セミナーが開催されます(無料)。

タイムテーブル(セミナーゾーン)はこちら。

DTP Transitでは、次の2コマを担当いたします。

  • 2月3日 14:10-15:10:Illustratorライブ3兄弟徹底攻略
  • 2月4日 14:10-15:10:DTP制作者のためのEPUBのXHTML+CSS編集-- 基本からすぐに使えるテクニックまで --

そのほか、有益なセッションばかりですので、ぜひご参加ください。

なお、セミナーは無料ですが、PAGEには入場料が必要です。ただし、事前に登録すると、入場料1000円が無料になります

2010年1月19日、アップルストア銀座(3F)にてDTP Booster 010を開催し、120名を超える方にご参加いただきました。

今回はIllustrator特集。次の3セッションで構成しました。

  • 「少しだけ作業を効率化できる(かもしれない)Illustratorの便利技」 尾花 暁 
  • 「とんちでのりきるイラレ術 - スクリプト、やってみませんか?」 倉田タカシ(イラレで便利
  • 「ライブカラーとkulerの活用術」鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)

また、アドビにてIllustratorの製品担当の岩本さんがご来場され、Acrobat 8のアップデータについての問題についての説明とお詫びをいただきました。

P1020337.jpg

尾花暁さん(▲)のセッション内容は、ブログにて公開されています。

その他のフォローアップはmixiにて。 こちらもご参照ください。

次のブログで取り上げていただきました。ありがとうございます。

DTP Booster 010(Tokyo/100119)(2010年1月19日、アップルストア銀座で開催)

DTP Booster 010は、2010年1月19日、アップルストア銀座(3F)にて開催。Illustratorをテーマに、尾花 暁さん、鷹野雅弘(スイッチ)の2人または3人のスピーカーで構成予定です。

DTP Booster 010(Tokyo/100119)は、会場(アップルストア銀座)の性格上、オープンセミナーですので、当日会場にお越しくだされば、どなたでもご参加いただけます。参加費は無料です。

DTP Boosterは、デジタルクリエイターズ、デジタルハリウッド、DTP Transitの3団体が発起人となりスタートした企画で、2009年5月から9回のセミナーを通し、のべ900名近い方にご参加いただいています。

追記(12月26日)

イラレで便利の倉田さんの出演が決定しました。

2009年12月3日(木)4日(金)の両日、ベルサール汐留(港区)にてThe Creator's Summit 2009(主催:モゴメディア、特別協賛:アドビ システムズ 株式会社)が開催されました。

Illustrator Super Tips from JAPAN & U.S.A.というセッションに鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)がDavid Macy氏とともに登壇しました。

扱ったネタは次の4つ(鷹野のパート):

  • ライブカラーを使ってDick Bruna風の配色を適用する(Illustratorからブラウザ内のカラーを拾う、カラーグループの作成)
  • 特定のオブジェクトを操作するためのアレコレ(レイヤーに分配、編集モード)
  • 進化したアピアランスパネルとレイヤーへの適用
  • CS4でトリムマークフィルタを使う

「ライブカラーを使ってDick Bruna風(ミッフィー的)の配色を適用する」では、Indexdesignの宇佐美 由里子さんにイラストを提供いただきました。ありがとうございます。

bruna-madrix.gif

なお、David Macyさんのパートは、MAX 2009: Hot Tips and Cool Tools in Illustrator CS4の焼き直し的な感じでした。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る