DTP Transitでタグ「ローカリゼーション」が付けられているもの

Illustratorのローカリゼーションにおいて、「おそらくちゃんと意味がわかっていなくてただ日本語にしたもの」「間違ってはいないけれど、紛らわしいもの」「ほかのアプリケーションとの整合性のために変更した方がいいもの」などをリストアップしてみました。

場所理由など
環境設定カンバスカラースクラッチエリアPhotoshopで「カンバス」は作業領域のこと
ポイントテキストポイント文字混在しているのでどちらかに統一
[整列]パネルピクセルグリッドに整合ピクセルグリッドにスナップIllustratorでは従来から使っている「スナップ」が馴染む
編集メニュー、
コントロールパネル
オブジェクトを再配色ライブカラー
効果→パスオブジェクトのアウトラインテキストのアウトライン
[透明]パネルマスク作成不透明マスクを作成パネルメニューでは[不透明マスクを作成]
ストロークPhotoshop、Fireworksではストローク
[オブジェクト]
→[シェイプ]
長方形に変換ライブシェイプに変換
[オブジェクト]
メニュー
トリムマークを作成トンボを作成
[表示]メニュー新規表示新規カスタム表示「表示」は一般的すぎる
表示の編集カスタム表示の編集「表示」は一般的すぎる
[文字]パネル内、
[アキを挿入]
ベタアキなしInDesign CC 2014に合わせる
整列水平方向●●に整列横方向●に整列
垂直方向●●に整列縦方向●に整列 

これ以外にあれば、ぜひ教えてください。逆に、これは違うよ!というツッコミも歓迎です。

いきなりですが、クイズです。

次のようにセルを選択し、[表]メニューの[セルを横に分割]をクリックします。どのような結果になるでしょうか?

あんまり話題にならないんですが、次のように縦に並んだオブジェクトの中央を揃える場合、Illustrator、Photoshop、InDesignでは[水平方向中央に整列]と呼んでいます。

align-localization.jpg

align-localization-AI.jpg

でも「水平方向中央」と言われて想像するのはコレ。

align-localization2.jpg

ちなみに、Fireworksのメニューでは「縦方向中央揃え」と呼んでいます(ただし、[整列]パレットでは[水平方向中央])。

align-localization-Fw2.jpg

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る