DTP Transitでタグ「埋め込み」が付けられているもの

Adobe Creative Stationで鷹野 雅弘(スイッチ)が連載している「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」で公開された「埋め込み?リンク?ビットマップ画像の配置と、配置した画像の二次利用」の記事の補足です。

ワークフロー図

本日(2017年4月6日)リリースされたIllustrator CC 2017(21.1.0)で「画像の切り抜き」機能が追加されました。

結論からいうと、DTPユーザーは使わないかな、と思います。

  1. 画像を選択し、コントロールパネルの[画像の切り抜き]ボタンをクリックする

    または、[オブジェクト]メニューの[画像の切り抜き]をクリック

  2. 切り抜きウィジェット(切り抜きのハンドル)が表示されるので、切り抜きたい領域を指定する

  3. コントロールパネルの[適用]ボタンをクリック(または、 enterキーを押す)

  4. アラートが表示されるのでクリックする

リンク画像は、埋め込まれますが、元のファイルが消えるわけではありません。

2015年2月4-6日、サンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2015の会場内「クリエイティブゾーンセミナー」にて、2月5日(木)、鷹野 雅弘(スイッチ)が「Illustratorでの配置画像事情2015」セッションを担当しました。

170名の方にご覧いただいたそうです。ありがとうございました。

YouTube-video-inside-mini.png

Acrobat DCでは、簡単になっています。下記は、Acrobat DC以前の話です。

資料内からYouTube動画を参照させるとき、次の点が悩ましいです。

  • PDFに動画ファイルを貼り付けることはできるが、ファイルサイズが増えてしまうのはネック
  • YouTube動画を(ダウンロードして)配置してもよいのか… ダメですよね。
  • でも、単純なリンクだと見てもらえなかったり、そのままYouTubeを見続けてしまう…

Webページの場合には、次のような埋め込みコードを入れることで、YouTubeビデオを貼り付けることができる。これをAcrobatで実現したい。

<iframe width="640" height="360" src="//www.youtube.com/embed/i7SUKHLT1Gg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

今回は「Incase ICON Slim Pack」の動画をサンプルとして進める。

IMG_0925.jpg

2014年4月25日(金)、六本木アカデミーヒルズ 49F タワーホールでCreate Now Design Tour Special「CS vs CC徹底比較セミナー・特別編」が開催されました。その中で鷹野 雅弘(スイッチ)が「ユーザー目線からのCC VS CS徹底比較」セッションを担当しました。

GW直前にもかかわらず、動員は320人だったそうです。

坂野さんのセッション

坂野公一さん(welle design)による水木しげる漫画大全でのブックデザインの話も非常に有意義でした。

Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CCでの配置画像のリンクと埋め込みについてまとめてみました。

IllustratorPhotoshopInDesign
メニューからの配置リンク[ファイル]メニューの[配置]をクリック
[配置」ダイアログボックス内で[リンク]オプションをチェック
[ファイル]メニューの[リンクを配置][ファイル]メニューの[配置]
キーボード
ショートカット
command+shift+Pキーcommand+D
埋め込み[ファイル]メニューの[配置]をクリック
[配置」ダイアログボックス内で[リンク]オプションをオフに
[ファイル]メニューの[埋め込みを配置]
Finderからの配置リンクドラッグ&ドロップoptionキーを押しながらドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ
埋め込みshiftキーを押しながらドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ
配置後埋め込み
(配置後)
パネルメニューから[画像を埋め込み]
コントロールパネルから[埋め込み]ボタン
レイヤーパネルでレイヤーを右クリックし
[リンクされたアイテムの埋め込み]
[リンク]パネルメニューから[リンクを埋め込み]
埋め込み解除[リンク]パネルメニューから[埋め込みを解除][リンク]パネルメニューから[リンクを埋め込み解除]

[リンク]パネルを表示する
キーボードショートカット

([リンク]パネルがない)command+shift+Dキー
フォルダーに再リンク
ファイル拡張子にリンクを再設定

CCでは、次の点が古いバージョンと異なります。

  • Illustratorは、CCから埋め込み解除をサポート
  • Illustrator CC(17.1)から[ファイル]メニューの[配置]にデフォルトでキーボードショートカットがついた
  • Photoshop CC(14.2)から[ファイル]メニューの[リンクを配置]をサポート

2012年11月16日、ヒカリエホール(渋谷)にて開催されたCreative Cloud徹底活用セミナーのアーカイブが公開されています。

Illustrator限定の新機能デモ


Video streaming by Ustream

Adobe Creative Cloudのみのアップデート、Illustrator CS6(16.1)では、パッケージ機能の追加だけでなく、[リンク]パネルも強化されています。

埋め込みの解除

[リンク]パネルで埋め込み画像を選択し、パネルメニューから[埋め込みを解除]を実行すると、ファイルの保存先が指定するダイアログボックスが表示されます。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る