DTP Transitでタグ「塗り足し」が付けられているもの

2017年に講師を担当したセミナーにて、セミナー前後やアンケートにていただいた質問への回答をまとめました。

もっといい方法や異なるアプローチがあれば、ご指摘くださいますとありがたいです。

なお、質問いただくときには、口頭だと何かと厳しいので、サンプルファイルを持参いただくとスムーズです。

「グラデーションのかかった長方形にパスのオフセットをかけるとグラデーションの位置がずれてしまう」という質問をいただきました。

Illustrator CS4以降、グラデーションの扱いが変わり、パスのオフセットをかけると、グラデーションの開始位置、終了位置もそれに応じて広がってしまうのです。

塗り足しを行うときに使うパスのオフセットですが、バージョンによって挙動が異なります。

  1. 四角形を作成する
  2. [オブジェクト]メニューの[パス]→[パスのオフセット]をクリックして、[オフセット]に「3」(mm)と入力して[OK]をクリックする

path-offset1-s.gif

Illustrator CS5/CS4/CS2

  • オフセットされたオブジェクトのみが選択された状態になる
  • オフセットされたオブジェクトは元の図形の背面に作成される
  • 四角形の場合には、アンカーポイントは4つのみ

Illustrator CS3

  • オフセットされたオブジェクトと元の図形が両方とも選択される
  • オフセットされたオブジェクトは元の図形の背面に作成される(これは同じ)
  • 四角形の場合には、アンカーポイントは12個になる(元の図形の延長線上に追加されてしまう)

path-offset2.gif

パスファインダー合体時に余分なポイントを削除するで解決(=不要なアンカーポイントを削除)できますが、一旦、選択解除してオフセットされた図形のみを選択しないと、オリジナルの図形が消えてしまいますのでご注意ください。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る