DTP Transitでタグ「変形」が付けられているもの

こちらは、InDesign、XD、Illustrator、Photoshopの各パネルを並べたものですが、かろうじて、IllustratorとInDesignは一緒ですが、Photoshop、XDが独自路線を走っていてどういうものか、と思います。

ずーっと前からこの調子ですが、これは揃っていないとおかしい。ひとつひとつ項目名を見ながら…というものでもないですし、何よりソウルがない気がします。

銀行のATMで、パスワードを入力するたびに、数字キーの配置が変わりますが、それに近い感覚…

WとHの連携のアイコンも、と形状が統一されておらず、IllustratorとInDesign、XDは縦、Photoshopは横だったりと、ちょっと悲しい。

改めて問題提起まで。

InDesignのコントロールパネルの左端にある「基準点」(Reference Points)は、オブジェクトの変形時によく変更します。

キーボードのみで変更する

マウスでクリックするのはもちろんですが、次のような手順でキーボードのみで変更することもできます。

  1. command+6キー(コントロールパネルの[X]にフォーカス)
  2. shift+tabキー(ひとつ戻って、基準点にフォーカス)
  3. 数字キーで変更

数字キーは、テンキーパッドの配置に連動します。

Illustratorのパターンの扱いは、Illustrator CS6以降、劇的に改善されています。しかし、従来からある機能の組み合わせによる、デフォルトのパターンスウォッチの応用についてご紹介します。

配置した画像にフチを付けたり、ドロップシャドウを設定するのに、アピアランス(グラフィック)を使う方法について考えてみました。

InDesignの「変形」は、Illustratorの「変形」と異なる点が多いため、改めてまとめてみました。

InDesignは、変形のリセットを行える

回転やシアー(傾斜)などの変形を行った際、InDesignは[変形]パネルメニューの[変形を消去]をクリックして、リセットすることができます。

Illustrator CCの[変形]パネル

InDesign CCの[変形]パネル

縦横比を保持したまま、Illustratorでオブジェクトを拡大・縮小するには次のようなアプローチがある。

  • バウンディングボックスのハンドルをshiftキーを押しながらドラッグ(optionキーの併用で中心から)
  • ツールボックスの[拡大・縮小ツール]を利用(ダブルクリック、shift+ドラッグ、option+クリック)(※shift+ドラッグの場合、注意が必要)
  • [変形]パネルの[W](H)に値を入力してcommand+return(または[縦横比を固定]をオンしておく)

kakudai-2.gif

そのほか、メニューからは次のアプローチがある。

  • [オブジェクト]メニューの[変形]→[個別に変形]で[水平方向]、[垂直方向]に同じ値を入力する(command+option+shift+D)
  • [オブジェクト]メニューの[変形]→[拡大・縮小]

私のお気に入りは、[オブジェクト]メニューの[変形]→[拡大・縮小]にキーボードショートカットを当てておくこと。

kakudai-1-s

Fireworksで「数値を入力して変形」(command+shift+T)を使う頻度が高く、Illustratorでもこれを使いたいな、と設定したところ、すこぶるいい感じ。バウンディングボックスはオフにしていることが多いし、ツールを選択したり、メニューから選ぶよりずっと早い。

ただし、command+shift+Tは[タブ]パネル表示のON/OFFと同じ。これがイヤな場合には、異なるキーボードショートカットを与えればいい。

ツール

tranform_tool3.jpg

ツールで行う場合、次のツールが使えます。

  • 拡大・縮小ツール
  • シアーツール
  • リシェイプツール
  • 回転ツール
  • リフレクトツール
  • 自由変形ツール

次の4つの変形ツール(拡大・縮小ツール、シアーツール、回転ツール、リフレクトツール)を利用する場合には、次の3つのアプローチがあります。

ツールを利用する場合の3つのアプローチ

  • ツールボックス上でツールをダブルクリック:ダイアログボックスが表示される(オブジェクトの中心を基点として変形、変形パレットで基準点を変更していても無効)
  • ドキュメント上でドラッグ:ドラッグに応じて変形
  • ドキュメント上でoption+クリック:ダイアログボックスが表示される(クリックした座標を基点として変形)

2009年6月24日に開催された第74回バンフーDTPセミナーでいただいたご質問の回答です。

ご質問

四角形と文字があります。四角形の中央に文字を配置したいと思い、[整列]パレットの[垂直方向中央に整列]ボタンを押すと、四角形の方が動いてしまいます。
四角形は動かさずに、文字を移動させたいのですが......

AICS4-keyobject1.png

CreativeTechs TipsのThe Big P in InDesign's Control Panel.にて、InDesignのコントロールパレットのPは、配置画像の回転などに応じて変形すると紹介されています。

big-p.gif

Illustratorでは、同じ結果をもたらすのに複数のアプローチがあります。「Illustrator Zen」と題して、クイズ形式でアプローチ方法について掘り下げます。

zen01.gif

幅10mm、高さ30mmの四角形を、10mm間隔で4つ並べたい。どのように作成すれば効率的だろうか? さらに、 制作後に間隔を8mmに変更したいというオーダーが入ることを想定すること。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る