DTP Transitでタグ「文字組みアキ量設定」が付けられているもの

+DESIGNING VOLUME 42』が発売されています。41に続けてとても濃い内容がギッシリです。文字/組版まわりに興味がある方は必読な号です。

vol.42のテーマは「文字」。冒頭は、AXIS FontやTP明朝、都市フォントプロジェクトで知られるタイププロジェクトへの取材記事。これまで手がけた仕事を通して、タイププロジェクトが文字にかける想いとともに、文字の機能、役割、可能性を明らかにしていきます。

本編は、文字編、本文組版編、見出し編の3編。フォントの文字、グリフのしくみから基本的な組版のルール、書体によって異なる、見出し組みの考え方など、いまのデザイン、DTPに欠かすことができない知識と考え方を知ることができます。各編にはQAパートを用意しているので、それまでの内容がしっかり身に付いているかを確認にすることもできます。

後半では、タイプバンクが送り出す新時代の教科書体「UDデジタル教科書体」ができるまでの取材記事や、モリパス部員が祖父江慎さんにMORISAWA PASSPORTの新書体の魅力を聞く対談記事も。コラムでは松田行正さんが、読みやすい文字組みが時代によってどのように変化してきたかを解説しています。

このほか、今回はMORISAWA PASSPORTの全書体をわかりやすくまとめた「MORISAWA PASSPORT FONT MAP 2016」が付録。用途やイメージで分類したフォントマップや、全書体をファミリー単位でまとめた書体一覧、モリサワ[Pr6/Pr6N]フォントの全グリフ一覧を掲載しています。

連載「おぢんの文字と組版 素朴な疑問」では、細かい設定が行なえる「文字組みアキ量設定」でも解消できない問題などを解説。「Kaleido Lab.」では東洋インキの新しいインキソリューション「Kaleido Plus」をいち早く実験。CMY3色+オレンジの4色による印刷に挑戦しました。今号の97〜112ページはすべて、この「Kaleido Plus」で印刷されているのでぜひとも書店で実物をご覧頂けますと幸いです。(こ)

Google ブックスにて、チラ見できます。

aki-beta.jpg

昨日、NPO法人クリエイター育成協会さんのブログ記事『DTPデザインの基本「文字間隔」について』に横やり指摘が入り、最終的に記事を取り下げるという一件がありました。

それを受けて、「Illustratorで和欧間の前後や句読点に続くアキを「なし」にするために、[アキを挿入]を「ベタ」にするのはバッド・ノウハウというより、間違った使い方です」というエントリーを書いていたんですけど、「いや、それもアリかも」っていう気がしてきました。

InDesignレッスンブック

ソシムから『InDesignレッスンブック』が2010年12月に発売になりました。

著者は『Adobe InDesign 文字組み徹底攻略ガイド』などで定評のある大橋 幸二さんです。

2010年6月1日、表参道 The Gallery「station 5」でDTP Booster 012(Omotesando/100601)を開催しました。

紺野 慎一(凸版印刷)さんをゲストに迎え、ミルキィ・イソベさんとの共著で執筆された組む。InDesignでつくる、美しい文字組版をネタに、たくさんあるInDesignのアプローチの中で、なぜ、その方法を使うのかについて掘り下げました。

P1080195.jpg

0525_2.jpg

会場、および、USTERAMでご覧になってくださったみなさん、ありがとうございました。

twitter

次のブログで取り上げていただきました。ありがとうございます。

Illustratorで文章を扱うとき、矩形エリアに文字を流し込んだままではなく、次の4点は、最低限設定します。

  • 行送りの設定
  • 均等配置(行頭行末揃え/ジャスティファイ)
  • 禁則
  • 文字組み(約物前後や和欧間のスペースの設定)

逆を言えば、Illustratorではポイントテキスト(文字ツールでクリックして入力したテキストオブジェクト)を前提としています。

AICS4-mojikumihan-013.png

mojikmi3.jpg

『Adobe InDesign 文字組み徹底攻略ガイド【第3版】 』が本日発売になります。著者は大橋幸二さん。

ロングセラーの『Adobe InDesign 文字組み徹底攻略ガイド』の第3版は、InDesign CS4に対応しただけでなく、コンテンツも補強されているようです。

第二版で解説していた文字組みの基礎知識に加え、「InDsignが持つ文字組み機能」や「文字組みアキ量設定をカスタマイズする場合のポイント」をはじめ、これから文字組みに挑戦する方にぜひ読んでいただきたい記事を大幅増補!

InDesignユーザーは必携の一冊です!

DTP Booster 007(Tokyo/091013)にて話題に出た「よく使う記号が属している文字種」についても『第7章 InDesign 文字組みトラブルバスター』にて触れられています。

519X04SKcUL._SL160_.jpg

2009年10月13日(火)19:00-21:00、デジタルハリウッド本校(お茶の水)セミナーホールにてDTP Booster 007(Tokyo/091013)を開催し、120名ほどの方のご参加いただきました。

今回のゲストは、大橋 幸二さん。「InDesign文字組みアキ量徹底攻略」リターンズと題して、InDesignの文字組みアキ量設定について、ロジカルにじっくり解説いただきました。

ご参加された方には、スライド、音声などを追ってシェアします。

なお、『雑誌デザイン虎の巻--文字を組む、版面を設計する』(ワークスコーポレーション)内で、大橋さんが執筆されているのは、pp.142-155です。私自身、立ち読みしたところ、この部分だけじっくり読みたくて、この書籍を購入しました。

_DSC4392_2.jpg

DTP Booster 007(Tokyo/091013)(2009年10月13日、デジタルハリウッド本校セミナーホールで開催)

10月13日、デジタルハリウッド本校(お茶の水)セミナーホールにてDTP Booster 007が開催されます。

今回は、『Adobe InDesign文字組み徹底攻略ガイド』(ワークスコーポレーション)などの著者である大橋 幸二さんを迎え、「InDesign文字組みアキ量設定」にフォーカス。

すでに100名の枠が終了し、残り「机なし椅子のみ」が20席分のみとなりました。

「InDesign文字組みアキ量徹底攻略」リターンズ

InDesignカンファレンス2008東京でおこなわれた、InDesignでオリジナルの文字組みアキ量設定を作成するためのポイントをロングバージョンで再演!

InDesignを使う場合の難関ともいえる文字組みアキ量設定。その機能を使いこなす第一歩として、オリジナルの文字組みアキ量設定を作成する場合の基本的な考え方を解説。

また、文字組みアキ量設定を使うとどのようなことができるのか、文字組みで拘ってみるポイントや作業を楽にするためのポイントを紹介します。

写真:大橋 幸二大橋 幸二(おおはし・こうじ)

都内を中心に活動するフリーランスのグラフィックデザイナー。印刷物やWebのデザインだけでなく、DTP関連の執筆なども行う。

著書に『Adobe InDesign文字組み徹底攻略ガイド』(ワークスコーポレーション)、『InDesignクイックリファレンス』(毎日コミュニケーションズ)など、DTP関連の著書が多数がある。

DTPの壺を主催。

InDesignのみならず、Illustratorをお使いの方も、「文字組みアキ量設定」は押さえておきたいところ。お見逃しなく!

詳細・お申し込みは、DTP Boosterのサイトから(ご参加には事前登録が必要です)。

InDesignは、日本語組版の伝統的な用語などを使っているため、最近、組版などをはじめた方には、?と思うことが多々あるでしょう。

DTP Booster 007(Tokyo/091013)(2009年10月13日、デジタルハリウッド本校セミナーホールで開催)

DTP Booster 007は、10月13日、デジタルハリウッド本校(お茶の水)セミナーホールにて開催。

今回は、『Adobe InDesign文字組み徹底攻略ガイド』(ワークスコーポレーション)などの著者である大橋 幸二さんを迎え、「InDesign文字組みアキ量設定」にフォーカスします。

この手の情報はあまりセミナーでは取り扱われないので、必見です!

Adobe CS3 Design Editionに関する活用ガイドというサイトにて、最近配布されているブローシャのダウンロードなどが行えるようになっています。

特に、Illustrator CS3グラフィックユーザーのための新機能ハイライト:データ互換編は非常によくできたドキュメントで参考になると思われます。

cs3portal.jpg

Adobe CS2の追加コンテンツ(通常のインストールでは入らないもの)は、「CS2 Std Content」(ディスクには「Resources and extrasディスク」)および「CS2 Prem Content」(ディスクには「Resources and extrasディスク2」)に入っています。

extra.gif

別途、購入になった製品マニュアルのPDF版が入っているほか、「テクニカル情報」→「InDesign CS2」→「文字組み」の「商印用文字組み.indd」には、4つの文字組みアキ量設定などがある。

indd_mojikumi.gif

2005年11月にスタートしたDTP Transitは満12歳になりました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る