DTP Transitでタグ「環境設定」が付けられているもの

環境設定の[テキスト]カテゴリにある[東アジア言語のオプションを表示]をオフにすると何が変わるのかについて調べました。

ただし、基本的にノータッチ(=ON)のままでよいと思います。

Illustratorの[キーボードショートカット]ダイアログボックスの[メニューコマンド]カテゴリの下の方に[その他の〜]というセクションがあります。

メニューバーからは操作できないパネルメニューのコマンドなどがあります。

  • その他の選択
  • その他のテキスト
  • その他のオブジェクト
  • その他のパネル
  • その他

Illustrator CC 2014は、Illustrator CCの設定を引き継げない、という悲しい状況に際し、環境の移行についてまとめてみました。

追記

「設定の同期」は、CC 2015の11月アップデートにて廃止されてしまいました(Illustratorだけでなく、InDesign、Photoshopも)。

ただし、Illustratorのみ、個別の設定の書き出し/読み込みは残っています。

環境の移行

Illustratorでは、キーボードショートやパネル位置などの環境設定のほか、スウォッチ、グラフィックスタイルなどのライブラリ、文字組みや合成フォントなど、さまざまな設定がありますが、次のような場合に、クリアしたり、リストアできると便利です。

  • 設定のクリア:Illustratorが不調なときに、デフォルトに戻して原因の切り替えを行いたい
  • 設定のリストア:コンピュータを買い換えたり、OSを再インストールしたとき、グループワークを行っているチームで環境を揃えたいとき

このような作業は煩雑で手間でしたが、Creative Cloud版のIllustratorでは、同じアカウントでログインした同士の環境を揃えたり、設定を書き出し、アカウント以外にも読み込まれることが可能になっています。

まとめると、環境を移行したり、統一化するには、次の3つの方法があります。

  • 設定の同期(Creative Cloudのみ)
  • 個別の設定の書き出し/読み込み(Illustrator CC(17.1)以降のみ)
  • マニュアルでちまちまと移行する

設定の同期

Illustrator CCをはじめ、Photoshop CC、InDesign CCなどのCreative Cloudツールの多くには「設定を同期」機能が用意されています。

パネルの位置やキーボードショートカット、ブラシなどの設定情報をクラウドに保存し、任意のタイミングで同期を行うことが可能です。

Illustratorには、基本的にグローバルという考え方がないため、よく使うドキュメントサイズ、よく使うフォントなどをデフォルトとして設定するには、次のいずれを使います。

  • Illustratorテンプレート(.ait)を使用する
  • すでにあるドキュメントを複製して作業を続ける
  • ドキュメントプロファイルをカスタマイズする

今回は、ドキュメントプロファイルのカスタマイズについてご紹介します。

ドキュメントプロファイルとは?

[ファイル]メニューの[新規]をクリックすると表示される[新規ドキュメント]ダイアログボックスの[プロファイル]ポップアップに表示される「プリント」や「Web」がドキュメントプロファイルです。

それぞれのドキュメントプロファイルには、カラーモードやアートボードの大きさが設定されています。

Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CCから「設定を同期」は超便利です。でも、帯に短しというか、調べてみたら実装がバラバラすぎます。

とりあえず、Illustrator CCとInDesign CCに「合成フォント」の同期機能を付けて欲しい!さらに、IllustratorとInDesignで合成フォントを共有したい!!

IllustratorPhotoshopInDesign
環境設定
プリセット
スウォッチ
ブラシ
東アジア言語の設定
ワークスペース
キーボードショートカット
シンボル
グラフィックスタイル
(Photoshopでは「スタイル」)
カスタムシェイプ
ツールプリセット
アクション
パターン
グラデーション
輪郭
カスタマイズされたメニュー
PDFプリセット
字形
合成フォント

DTP Transitの運営会社(株式会社スイッチ)では、20年弱、Illustratorなどのハンズオントレーニングのセミナー講師などを行っていますが、トレーニングの現場では、まずインターフェイスを調整するところからスタートします。

  • ツールボックス(ツールパネル)を2列表示に変更する:「上から3つ目の右」と、数えやすく、探しやすくなる
  • アイコンパネルを展開しておく:アイコン化されていると2つのパネルを同時に扱えないのでパネルを開く手間が増える
  • [ユーザーインターフェイス]環境設定で[明るさ]を「やや明るめ」に変更:暗いとツールのボタンのへこみがわかりにくい
  • [ユーザーインターフェイス]環境設定で[カンバスカラー]を「ホワイト」に変更:スクラッチエリア(=アートボードの外)においたオブジェクトが見えにくい
  • [表示]メニューの[ガイド]→[ガイドをロック]をクリックして、ガイドをロックしておく:初期設定では、ガイドのロックがオフになってしまっているため、ガイドが動いてしまう

初心者向け

  • [ウィンドウ]メニューの[アプリケーションフレーム]をクリックして、 アプリケーションフレームを表示し、デスクトップが見えないようにする:Macに慣れていないユーザーは、意図せずデスクトップをクリックして、すぐにFinderに切り替わってしまう

これは、Illustratorでなく、Mac OSの設定ですが...

  • Dockは["自動的に隠す"機能]をオンにして、 非表示にしておく:不用意に違うアプリケーションを起動してしまったり、切り替えてしまう

AICC-Interface-4-beginners.png

「あ〜、インストールしたばかりのIllustratorって使いにくい!!!」ってことで、CS6に限らず、まず、行うことをまとめてみました。

Macのシステム環境設定

icn_Adobe_Illustrator_CS6_128.png

Illustratorの環境設定

  • [キー入力]を「0.1」mmに変更する
  • [ガイド]の[カラー]を「ライトブルー」に、スタイルを「点線」に変更する
  • [ユーザーインターフェイス]の[カンバスカラー]を「ホワイト」に変更する(CS6のみ)
  • [タブでドキュメントを開く]のチェックをはずす
  • アプリケーションバーを非表示にする([表示]メニューの[アプリケーションバー]をクリック)

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログのInDesignで文字の単位を変更するショートカットにて、環境設定のカテゴリ切り替えに、command+数字キーが使える、と紹介されていました。

気になって調べてみたところ、次のような状況です。

 次のカテゴリに切り替えカテゴリを指定
Illustratorなしなし
Photoshopcommand+↓/↑command+数字キー
InDesign↓/↑command+数字キー
Dreamweaver↓/↑ 

この他、Dreamweaverでは、次の2点が利用可能です。

  • homeキー/endキー、または、pageupキー/pagedonwキーで、一番最初のカテゴリ/一番最後のカテゴリに移動
  • いずれかのカテゴリを操作後に閉じ、再度開くとそのカテゴリが選択されている

特に「再度開くとそのカテゴリが選択されている」機能は、すべてのアプリケーションで実装して欲しいですよね。

Illustratorの環境設定の[一般]タブにある[キー入力]の値は、矢印キーを押したときにオブジェクトが移動する距離の設定です。

key-enter-s.png

デフォルトの値は「0.3528mm」(=1pt)になっているので、(作業する内容にも寄りますが)「0.1mm」に設定しておくとよいでしょう。

shiftキーを押しながら矢印キーを押すことで10倍、つまり、1mmの移動距離になります。

PhotoshopやInDesignでは、起動時にキーボードショートカットを押すことで初期設定をクリアすることができます。

Illustratorは、CS2からなくなってしまってしまったと思っていたのですが、実はダイアログボックスが表示されないだけで、クリアされるようなのです(クリアするキーのコンビネーションは、command+option+shiftキー)。

なお、ツールなどの設定はクリアされますが、パレット(パネル)の位置などはクリアされないようです...

Mac上のアプリケーションの多くは、command+Hキーにて[隠す]ことができます。この操作は、アプリケーションフレームを採用したAdobe CS4において、不可欠な操作だと考えますが、アプリケーションによって対応はまちまちです。

Illustrator

command+Hキーは、従来通り[表示]→[境界線を隠す]コマンドに当てられているため実行できず。 デフォルトでは、[Illustratorを隠す]にキーボードショートカットは当てられていない。

Photoshop

command+Hキーは、従来通り[ビュー]→[エクストラ]コマンドに当てられているため実行できず。[Photoshopを隠す]のキーボードショートカットはcontrol+command+Hキー。

InDesign

10.5.6で解決。command+Hキーにて[InDesignを隠す]を実行できます。

参照:InDesignSecrets » Blog Archive » InDesign Hiding Issue Fixed with Leopard 10.5.6

Illustratorのcommand+Hといったら、ムチャクチャ多用するので、変えたら変えたで暴動が起きそうですが、CSも4代目。インテグレーションとか統合といったキーワードを前に出すのでしたら、いつか思い切らなければならないと思います。それとも、アドビでは、このような問題を認識していないのかもしれません...

参照:Adobe CS4のUI(インターフェイス)について - DTP Transit

Illustrator、InDesign、Photoshopの環境設定のクリアの方法は次の通り。

Illustrator CS4

Macでは「/Users/<ユーザ名>/Library/Preferences/」にある「Adobe Illustrator CS4 Settings」フォルダごと削除

参照:Illustratorの環境設定のクリア

追記(2009年12月22日)

Photoshop CS4

command+option+shiftキーを押してアプリケーションを起動すると、次のダイアログボックスが開く

PhotoshopCS4-clear.png

次期バージョン(CS4)は、2008年の年末か2009年早々?という記事で少し触れましたが、 次期バージョン(CS4?)はCreative Suiteという統合パッケージになって四世代目にあたります。

統一して欲しいことをリストアップしてみました。

  • [(アプリケーション)を隠す]のキーボードショートカット:Illustratorでは、長年command+Hが境界線を表示/隠すに使われているせいか、Photoshop(command+control+H)、InDesign(command+H)と統一されていない。
  • キーボードショートカットの編集UI:インターフェイスも手法もかなり好き勝手になっています。
  • アプリケーションの初期化:Photoshopでは起動時にcommand+option+shiftキーを押すと、初期化されます。InDesignはこれにcontrolキーが必要。Illustrator (CS2以降)、DreamweaverやFlashにはありません。
  • スクラブスライダなど、入力補助機能の充実:Photoshopのみで実装されています。テンキーのないノートパソコンでは半角モードにしなければ数値が入りません。
  • 別名で保存のキーボードショートカット:InDesignのみアサインされておらず、IllustratorやPhotoshopでのcommand+shift+Sが「斜体」にアサインされてしまっています。

さらに、マクロメディア系とアドビ系の統一も進めて欲しいところ

  • 環境設定を呼び出すキーボードショートカット:マクロメディア系はcommand+Uキー、アドビ系はcommand+K
  • キーボードショートカットの編集を呼び出すコマンド:マクロメディア系はアプリケーションメニュー内、アドビ系は[編集]メニュー内

ご参考:インターフェイスの旅(6)数値入力

デフォルトでは、ほかのアプリケーションでテキストをコピーし、InDesignに切り替えた後にcommand+shift+V([フォーマットなしでペースト])のキーボードショートカットは使えません。

環境設定の[クリップボードの処理]で、[他のアプリケーションからテキストおよび表のペースト]で「すべての情報」を選択すると、InDesignで[フォーマットなしでペースト]が有効になり、command+shift+Vのキーボードショートカットが使えるようになります。

indd_clipboard.png

Illustrator CS3では、インライン入力をオフにすることができるようになりました。

インライン入力をオフにするには、[環境設置]ダイアログボックスを開き、[テキスト]カテゴリの[ラテン文字以外にインライン入力を適用]のチェックをはずします。

画像:[環境設定]ダイアログボックスを開き、[テキスト]カテゴリの[ラテン文字以外にインライン入力を適用]のチェック

ご参考:

Illustrator CSでは、起動時に⌘+option+shiftキー(Windowsでは、Ctrl+Alt+Shiftキー)を押すと、[Illustratorの設定ファイルを削除しますか?]のダイアログボックスが表示されました。

Illustrator CS2ではこの機能がなくなってしまっているようです。回避方法は次の通り。

環境設定で「単位をミリメートル」に設定しているにもかかわらずファイルを開いた際に、「情報パレット」などでは「px」表示されてしまう、という質問をいただきました。

環境設定での単位設定は、新規書類を作成する際の「新規書類」ダイアログボックスに表示される単位の「初期値」です。

ai_point1.gif

InDesign CSでは、shift+option+command+controlキーを押しながら起動すると、下記のダイアログボックスが表示され、環境設定を復元することができます。

DW2-001.gif

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る